東京都檜原村 小天狗滝 天狗滝
2017 / 04 / 25 ( Tue )
ども。
春も半ばとなりましたが、日によっては肌寒いときがありますね。
伝説の病から回復したものの、今日の帰宅時はチョット冷えました。
安定して暖かくなると良いですね。

さて、本日は4/23に訪問した東京都檜原村にある天狗滝と綾滝から、前半部分をお送りいたします。

観光協会サイト


上の地図をグリグリ拡大した地点が下の写真(登山道入り口)。
2017P4230007.jpg
ココらへんに車3台分ほど停められるスペースがあります。
100mほど手前にも4台ほどの駐車スペースがあります。
到着したのが10時過ぎで、その頃には5台ほど停まっておりましたので、ハイシーズンには混み合うかも知れません。

登山道を入ってすぐに看板があります。
2017P4230013.jpg
天狗滝まで10分、綾滝までは更に20分とありますが、実際にはもうチョットかかると思います。
基本的に登りですので。

案内の看板を進むと、すぐに標識があります――が、クマさん注意報も発令中です。
2017P4230014.jpg
昨年の11月に目撃されたとか。

綾滝まではコースが2つありまして、天狗滝の真下を通るルートと、上から望むルートです。
目撃情報の千足付近は上から望むルートの方らしい。
私は滝が目的ですので、当然ながら天狗滝の真下を通るルートなのでひとまず安心ですが、それでも100%というワケではありません。

しかし、ここいらへんのルートは、けっこう人気があるらしく、それなりに人出もあるので不安はありません。
往復で10組くらいとすれ違いましたし、いつもより気が楽です、ハイ。

で、肝心のルートはと言えば――
2017P4230016.jpg
2017P4230018.jpg
フツーに山道です。
それなりに急な登りが綾滝まで続きます。

普段ならすぐにヘロヘロになるところですが、この日はすごーくゆっくり歩きまして、全然疲れませんでした。
…その分、時間がかかりましたが。

5分チョットで最初の滝と面会です。
小天狗滝です。
2017P4230019.jpg
ルートから10mほど離れた場所にあります。

天狗滝の前にある小さな滝だから小天狗なんでしょうか。
小天狗滝
しかし、この小天狗滝、正面から見るとほぼ直瀑で、このルート上では一般的な滝のイメージに一番近いと思われます。

岩を越えつつ更に右に廻ると全貌が拝めます。
小天狗滝
実は段瀑さんだったんですねぇ。

2度二手に分かれる面白い形です。
小天狗滝

動画もどうぞ。

[広告 ] VPS

Youtubeでも見られます


小天狗滝を堪能し、次なる目的地である天狗滝に向かいます。


続きを読む

スポンサーサイト
滝・渓流 | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
Ninja250R | ツーリング 神奈川県相模原市 寒沢の滝
2017 / 04 / 19 ( Wed )
ども。
4日連続で夏日のタイ記録を伴い、駆け足で春が過ぎ去ろうとしておりますが、皆様はいかがお過ごしでしょうか。
もう少し穏やかに季節が流れていって欲しいものですね。

さて、本日は4/16に訪問した、神奈川県相模原市にある寒沢の滝です。

滝との対面は久々です。
昨年12月29日以来です。
およそ百日ぶりの滝です。
ついでに、今年はじめての滝です。

その間、一体何をやっていたのでしょうね、まったく。

この日の目的は、天気が良いので出かけること。
とりあえず近場で未訪問の滝を拝めることとし、空腹も満たしてしまおうという作戦です。

で、まず立ち寄ったのが圏央道の厚木PA(外回り)。
下道でも2時間弱なのですが、ここで食したいものがありましてね。
2017P416DSC_0001.jpg
厚木濃厚とんこつ醤油ラーメン。850円也。
極太麺300g、野菜230gのボリュームで、ハングリーな諸兄にぴったりです。
濃い目のスープでキャベツやモヤシが進みます。
ソフト麺よりも多少細目の極太麺も食べ応え十分であります。
流石にスープ単体ではしょっぱ過ぎますです、ハイ。

3大欲求の一つを満たし、目的地へと向かいます。

.
続きを読む

滝・渓流 | トラックバック(0) | コメント(8) | page top↑
オーストラリアは良いとこです
2017 / 02 / 06 ( Mon )
ども。
ご承知の通り、南関東では極端に雨の少ない冬を迎えておりましたが、昨日は久しぶりに恵みの雨となりましたね。





土曜日はすご~く天気が良かったんですけどねぇ。
昼休みにオモテに出たら、雲ひとつなく、どこまでも晴れ渡っておりまして、絶好のツーリング日和だよなぁ、なんて思っておりましたよ、ええ。

そんなこんなで、せっかくの日曜日だったワケですが、降り始める前の午前中に買い物を済ませ、午後からは引きこもり生活をしておりました。
お酒の方はホドホドに、です。

で、ナニして過ごしていたかというと、Forza Horizon3という車のゲームなんぞしておりましてね。
Windows10対応というので、ついポチってしまいました。
不器用なので華麗なドライビングとは無縁で、コースアウト&衝突上等の荒れた運転でございますが、それなりに楽しんでおりました。
オープンワールドですので、道なき道を走るのが非常に良いですね。

そんな感じで川に突入しておりますと、もしかしたら上流にはアレがあるのではないかと思いましてね。

20172017020601.jpg
やっぱりありました、滝!!
フォトモードが搭載されていていますので、思わずパシャリとしてみました。
普通は『俺の車カッケー』みたいな写真を撮るのでしょうか、こと車に関してはほぼペーパードライバーですし、全然詳しくありませんし、思い入れのある車もありません。
従いまして、フォトモードが活躍するとすれば、それは風景――特に滝でありましょう!!

他にも2箇所ほど見つけましたので撮影を致しました。
20172017020602.jpg
20172017020603.jpg

製作者側の意図とは異なるでしょうが、こんな楽しみ方をしておりますです、ハイ。

おバカですね、ホントに。
滝・渓流 | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
神奈川県足柄上郡山北町 大滝
2016 / 12 / 29 ( Thu )
ども。
差し迫った年の瀬を前に、新年を迎える準備など忙しくお過ごしのことと思います。
仕事納めの方も多いかと思われる今日この頃、皆様は如何お過ごしでしょうか。

…ワタクシは明日が仕事納めでございます。

さて、本日は12/25のツーリング先である、神奈川県足柄上郡山北町にある大滝をお送りいたします。

…起きるのが遅くて遠出できませんでした。

10時に出発、途中の中井PAで朝(?)ラーを済ませ、現地にはお昼頃に到着。
サンタさんのかき入れ時とあって、わざわざ出かけようと思う方は少ないようで、普段の週末とは違って東名も空いておりました。
で、場所を確認。

県道76号から西丹沢大滝キャンプ場の黄色い看板を折れて脇道に入ります。

曲がってすぐ、キャンプ場へは向かわず、ゲートのある林道に向かいます。
2016PC252929.jpg

ゲート付近は舗装されておりますが、そこから先は未舗装路。
バイクを降りて先を確認しましたが、大きめの石が敷き詰められていて、オンロードバイクだと厳しいです、ハイ。
林道とキャンプ場への道の途中に駐車スペースがありましたので、私は大人しく徒歩で向かうことにしました。
2分ほどで2番めのゲートに到着。
2016PC252930.jpg

このゲートの先が大滝の駐車スペースです。
2016PC252931.jpg
林道入口からすぐの場所ですので、ここまで進まなくても良いでしょう。

道中は↓の有様。
2016PC252932.jpg
2016PC252933.jpg
オフ車であれば乗り入れ可能でしょう。

ただ、途中には沢も楽しめますので、徒歩でも問題ありません。
2016PC252933b.jpg
2016PC252933c.jpg
目指す滝まで20分程度ですので、歩いたとしても気分的に楽であります。

道なりに数分進むと、ソーラーパネルを備えた施設が現れます。
2016PC252934.jpg

さらに数分、分岐に差し掛かります。
2016PC252935.jpg
左手の畦ヶ丸へ向かいます。

ここまで平坦な道のりでしたが、分岐を超えた先からはトレッキングコースとなります。
2016PC252936.jpg
2016PC252937.jpg
2016PC252938.jpg
…汗ダラダラです。

この辺りで下山してきた一人の女性とすれ違ったのですが、挨拶を交わしても怪訝な表情でございました。
片や登山用の装備、こちとら上下バイク装備で右手にカメラですので無理からぬ事。

「いや~、この先の滝まででして、えへへ」

なんて言い訳も頭を過りましたよ、ええ。
まあ、場違いな格好であったことは否めない事実であります。
しかし、そんなトレッキングも目的地を滝としたなら、バイク装備でも問題なく到達可能です――見た目の問題は別として。

5分ほどで登山道と沢に下る道の分岐が現れます。
2016PC252939.jpg

当然、私は後者を選択。

沢に降りて右方向へ進むわけですが、右手が崖になるため、一旦渡渉して対岸へ向かう必要があります。
沢の水深は深くありませんが、濡れたくありませんからピョンピョン飛び石作戦です。

沢を右手に見ながら少し進むと――大滝でございます。
足柄上郡山北町 大滝

落差は10m程ですが、水がキレイで、水量もまずまずで良い感じです。
足柄上郡山北町 大滝

誰もいないというのもポイントが高うございます。

滝壺まで距離がありますので、もっと近付きたくなるのが人情というもの。
このあたりは対岸が開けておりますので、再び渡渉――というか、石の上から立ち幅跳びです。

歩いて渡れそうな石がなくて、ジャンプする羽目になりましたが、思うにこのときに『おニューなアイテム』が損傷したのではないかと。
往復でジャンプしましたしね。

でも、やっぱり滝壺から眺めるのが一番なのですよ、ええ。
足柄上郡山北町 大滝
足柄上郡山北町 大滝


[広告 ] VPS

Youtubeでも見られます


相棒の元へ戻ってきたのは13時半過ぎ。
帰りは下りで、撮影も数枚でしたので10分ほどでした。
往復30分――ということは、滝の周囲で1時間くらい過ごしていた…?

そんなに長居した気はしないのですがねぇ。

…もしかして、ウラシマ効果?
光速に近い速度で移動していましたか!?

「どこを渡ろっかなぁ~」とウロウロしていたのがホントのところです、ハイ。

さて、そんなこんなで今年のツーリングチャンスは31日のみ。
しかし、午後から予定がありますので、これが今年最後のツーリングとなる――のか?
どうなんでしょうね。
滝・渓流 | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
千葉県大喜多町 養老渓谷 粟又の滝遊歩道の紅葉
2016 / 12 / 12 ( Mon )
ども。
昨日は冷えましたね。
特に朝は5度前後の気温で、いよいよ本格的に冬モードか――
なんて思いましたが、日中はお天道さまのご機嫌も麗しく、お散歩するには丁度よい具合でしたね。

…あくまでも南関東の海っペリ限定ですが。

そんなワケで、私も相棒とともにお散歩したのでありますが、それはまた後日。
本日は前回12/4のツーリングから、千葉県大喜多町にある粟又の滝遊歩道の紅葉です。

自治体HP


養老川の片側がコンクリート製の遊歩道になっていて自然度は低いものの、水面と限りなく近く、ところどころ川にせり出す砂場・岩場が点在していますので、降りて撮影な点が大変良いです。

粟又の滝遊歩道 紅葉

以下、写真でどうぞ。
続きを読む

滝・渓流 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
| ホーム | 次ページ