FC2ブログ
Ninja250R | LED ヘッドライトダークナイト H7 取り付け顛末編
2014 / 11 / 26 ( Wed )
どもども、チンジャオロースに焼きうどんが合わないと思い知らされた今日この頃、皆様はいかがお過ごしでしょうか。
PB260004.jpg
シャキシャキとした食感が持ち味のチンジャオロースと、モチモチとした焼きうどんの組み合わせ――よ~く考えなくても分かりそうなものですが、飲みながら作ってますので冷蔵庫の素材をテキトーに組み合わせてしまうという、よせばいいのに的なテイスト満点なシロモノが出来てしまいました。
味はそんなに悪くないんですけどね、と負け惜しみをほざきつつ――。

さてさて、LEDヘッドライト装着の顛末編でございます。
先日触れたダークナイトの取り付けに失敗したワケでありますが、順を追ってご説明致しましょう。

LEDヘッドライト、ダークナイト。
PB1200666.jpg

このダークナイト、先にバックル部分を固定するという一風変わった取り付け方法です。
PB120013.jpg
矢印の方向にひねるとバックルが緩むので、そのまま上方向へ持ち上げて外します。
車体への取り付けは、バックルを固定した後にLEDヘッドライトを差し込み、外した時とは逆方向にひねって固定します。
この方法だと、一度バックルを固定してしまえば、次回からはLEDヘッドライトがポン付けできる、という夢のような仕様です。

本体と分離したバックル。
PB120014.jpg

ペラい取説にある通り、バックルを先に固定します。
PB260015.jpg

が、H7のバルブを使用するNinja250R(に限ら無いと思いますが)では、バルブ後方に取り付けたコネクタを固定する方式です。
バルブそのものを固定する車種を前提としているダークナイトは、そのままでは固定ができません。
2014112119300011.jpg
上の写真の黒い部分がコネクタ。
バックルとコネクタの距離をどうするかが課題となります。

これまで使用していたLEDヘッドライトは、周囲に耐熱ゴムを巻くことで無理やり固定していました。
141127a.jpg
が、今回はもう少しスマートにしたい。
このバックルさえ固定できれば、以後はポン付けライフなのだから!!

ということで、パテを盛りました。
PB120015.jpg

固まったあとで形状を整えます。
PB120016.jpg
上の写真の状態ではバックルが入りませんでしたので、周囲をカッターで多少削りました。
オレンジに塗ったのは取り付け時に見やすくなると思ったからです。
…ま、無駄でしたけどねっ。

固定する金具と、LEDヘッドライトが干渉します。
PB120017.jpg
写真の赤丸部分がぶつかって奥まで差し込めません。
バックルが結構固く収まったので、最悪の場合は固定金具をビスごと外して取り付ければいいや、なぁんて思っていましたが、ビスを外しても左側の赤丸部分が干渉します。
どうにもなりません。


そこで問題だ! この干渉した状態をどうやって切り抜けるのか?
3択――1つだけ選びなさい。
答え1 ハンサムのheininは突如ナイスなアイデアがひらめく
答え2 誰かがきて助けてくれる
答え3 取り付けられない。現実は非情である

やはり答えは……………1しかねえようだ!

なんて都合の良い展開は、やはりあるはずもなく――

「答え-3 答え3 答え3」

…というワケです。
いや、固定金具を削るとか、結構ムチャな方法もあるのですが、そうすると、この手のヘッドライト専用になってしまうし、それは避けたい。いくら後継機種のシャドーナイトなるLEDヘッドライトがあり、同じような方法で固定する仕様とは言え、急にバルブ切れとなった場合に標準品の取り付けが出来なくなるという、これまたどうしようもない事態に陥ることは避けたい――。

まあ、非常手段というものはあるもので、バックルを自作で延長する方法も――無いことはない、というレベルです。
仮にバックルを延長してもバルブの取り付け位置が奥に引っ込んでしまいますので、現実的な方法とは言えないですね。

いずれにしても、ネタを提供できたので良しとしましょうか。
…降りかかった身であれば、そうも余裕をかましている場合ではないんですが。
ま、お酒が入っていれば普段に増して楽天的になれるので良いですね。
百薬の長、バンザイ!!

って、何の話だ、今日は!?
スポンサーサイト



カスタム | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
| ホーム |