Ninja250R | 定例報告
2015 / 07 / 31 ( Fri )
2015P7313067.jpg

ども。
現実は思った通りにならないことも多々ありますが――

次回は「次回のツーリングレポート」なんて言っておきながら、

「あ、今日で7月おわりじゃん?」

と、23時を過ぎて今更のように気が付きまして、

「あ、今月のお休みってやってないよね?」

ということを迂闊にも程があるくらい失念していまして――

今月は1日逃しました。

…だって、雨だったんだモン!!

と、可愛らしく(かなり異論があるだろうが)抗弁を試みる次第であります。


想像してみてください――
ビールっ腹の肥えたオヤジが、パンツ一丁で扇風機のぬるい風を浴びながら、寂しい頭髪を揺らせて
「だって、雨だったんだモン!!」

…これは失礼しました。

気を取り直して…

では、想像してみてください――
白面の華奢な青年が、膝を抱えるように部屋の角に座り、鼻に届くほどの前髪の隙間から伏し目がちに
「だって、雨だったんだモン…」

…これはこれでムカつく!!

あ、日曜日はどこ行きましょうかね?

スポンサーサイト
Ninja250 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
山梨県 板敷渓谷 白髭滝 親子滝 大滝(動画)
2015 / 07 / 30 ( Thu )
ども。
本日は山梨県 板敷渓谷の滝、動画編です。
…アツすぎる状況に多少嫌気が差しております。


[広告 ] VPS

Youtubeでも見られます


さて、次回は「次回のツーリングレポート」の予定です。
が、あまりにもホットですので、どうしようかと真剣に悩んでしまいます。

まあ、どこに行こうかと悩んでいるのですが…。
滝・渓流 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
山梨県 板敷渓谷 大滝
2015 / 07 / 28 ( Tue )
ども。
この時期は、水分の補給と食べ物に注意したいものですね。

…まあ、そういう訳です。

さて、本日は板敷渓谷の滝です。


親子滝
2015P7262964.jpg
2015P7262975.jpg
2015P7262971.jpg
撮影には不向きなピーカンですが、滝壺の色味が涼やかで和みます。

大滝
2015P7262980.jpg
2015P7263007.jpg
落差30mと云われますが、実際にはもっとあるように感じます。
残念なのが撮影場所が限られる点でしょうか。
対岸に渡れれば違う表情が見られたかも。
しかし、そこまでの危険を冒す度胸はありません。

岩場でコケましたしね。

いわゆる段爆ですが、滝口にも段差があります。
2015P7263020.jpg

どうしても上段の滝壺を拝めたくて、少し斜面を上りました。
2015P7263042.jpg
崖をよじ登るか、近くの木に登ればもっとハッキリと拝めたかもしれません。
しかし、そこまでの危険を冒す度胸はありません。

岩場でコケましたしね。

さて、次回は動画です。
毎度同じパターンで申し訳ありませぬ。
滝・渓流 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
Ninja250R | ツーリング 山梨県 板敷渓谷
2015 / 07 / 26 ( Sun )
ども。

…酷いとしか言いようがありませんね、お天道様。
エンジンとアスファルトからの熱気も相まって、全く逃げ場のない状態でした。
まだ始まったばかりというのも堪えます…。

さて、本日は昨年の8月に訪問した昇仙峡の先にある、山梨県 板敷渓谷と滝でございます。
今朝、どこに行こうかと検索していたところ(山梨県 滝)、この渓谷にある大滝がヒット。
以前訪問された方のコメント――

仙娥滝とは違い、滝の間近まで行けます

この一言でテンションが最高値に達しました。
「うわっ!? 行く行く!!」
と、まあこんな具合です。

8時半過ぎに出発。
往復340kmほどで、満タンにして出掛ければ継ぎ足しが必要ありません。
財布に優しい相棒です。

板敷渓谷


昇仙峡から荒川ダム方面に進み、2~3分ほどで案内が見えてきます。
400mくらい手前に駐車場があるようですが、交通量も多くありませんので道路脇に停めることにしました。
2015P7262940.jpg
2015P7262941.jpg

階段を降りると白髪滝が対岸に拝めます。
2015P7262946.jpg
残念ながら接近するルートは用意されておりません…。

遊歩道が完備されていて歩きやすい。
しかも、かなり涼しい!!
2015P7262948.jpg
2015P7262949.jpg

奥に進むと急な段差やぬかるみがありますので、運動靴でどうぞ。
脇には崩落したような箇所もあり、自然の猛威も感じることも出来ます。
2015P7262958.jpg

渓流を眺めつつ進みます。
2015P7262953.jpg
2015P7262957.jpg
2015P7262957a.jpg
2015P7262957c.jpg

5分ほどで親子滝とご対面。
遊歩道との距離は結構あります。
2015P7262966.jpg

さらに歩く(登る?)こと5分、ついに大滝のお目見えです。
2015P7262980.jpg
正面に立つと細かい飛沫が降り注ぎ、清涼感バツグンです。
ただし、大滝周辺の岩場を歩きまわる際は細心の注意が必要です。
非常に滑りやすいです、ハイ。

…コケた張本人からのアドバイスです。

先に来ていた女性に「いや~、コレ、凄いですねぇ」なんて声をかけた直後の醜態。
かなり恥ずかしいっす…

大滝を満喫し、観瀑スペースの後ろにあった可愛らしい滝も収めて終了。
2015P7263038.jpg

昇仙峡も再訪しようかと思いましたが、帰りの渋滞や気温のことを考えて大人しく帰ることにしました。
中央道上りの渋滞は東名より厄介ですからねぇ…。

次回は滝にフォーカスしてお送り致します。

…今日はもう勘弁して下さい。
ツーリング | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
神奈川県愛川町 塩川滝
2015 / 07 / 25 ( Sat )
ども。
せっせと更新する姿は我ながら健気に思われる反面、未だ聞こえぬはずの背後からの足音におののくようにも感じる今日この頃、皆様は如何お過ごしでしょうか。

次回が控えている…と言っても、未来のことなんですけどね。

さて、今回は7/19に訪問した神奈川県 塩川滝です。
道路脇の温度計が35~36度を示すなか、ナビ兼音楽プレイヤーのスマホが停止しまくりで…
温度上昇による停止です。
オマケに充電も停止。

…日除けの設置等、何らかの対策が必要ですね。

厚木方面より国道412号線を進み、平山坂下交差点から約1km先の巻き道へ右折します。
412号沿いに案内は一切ありませんが、曲がれる所は限られていますので、何とかなると思います。


右折して降りた先で左折…上の地図を拡大して頂ければ早いと思います。
砂利道になったところで駐車。
そこから歩いて5分ほどで、ヤケに派手な観瀑台が見えてきます。
塩川滝

はっきり言いまして、観瀑台が近すぎます。
広角レンズの縦位置じゃないと収まりません。
しかし、台風11号の影響で「ポンプ、壊れとりますよ!?」的な水量に出くわし、思わずテンションが上ります。
段瀑で跳ねる水滴、滝壺から立ち上る水煙――狭い空間に轟音とともに光りに照らされ、一種異様な空間でした。

先に来ていた女性に思わず、

「凄いですね」

と声を掛けてしまいました。
塩川滝
2015P7192863.jpg
2015P7192873.jpg
2015P7192900.jpg

写真では伝わりにくいと思いますので、動画でどうぞ。

[広告 ] VPS

Youtubeでも見られます


いや~、やっぱり水量が多いと迫力が違いますね。
この季節の醍醐味です。

さて、次回は――明日のツ―リングレポートの予定です。
どこに行こうか、まったく決めていませんが…。
滝・渓流 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
茨城県 河鹿沢の雌滝・河鹿沢の雄滝・菅谷不動尊
2015 / 07 / 24 ( Fri )
ども。
今日は土用の丑の日ということで、ウナが巷でうねっている今日この頃、皆様は如何お過ごしでしょうか。

…何年かぶりで買いました、ウナ。
帰りがけにスーパーに寄り、どうせなら一番――安いのにしました。
それでも\1380。
蒲焼きが通常の一食分を凌駕するというのも恐ろしい話です。

…これから頂きます。

さて、本日は予告通りに「菅谷不動尊の滝・河鹿沢の雄滝・河鹿沢の雌滝」です。
動画も同時公開です。

下の赤丸部分です。
20150718DSC_0005.jpg
菅谷不動尊の滝・河鹿沢の雄滝・河鹿沢の雌滝(自治体HP)


349号沿いに、見逃すほどの小さな看板が一応あります。
うろ覚えで申し訳ないのですが、「滝」とは書いていなかったと思います。
河鹿沢○○と書いてあった気がします…。

ここも私道かと思うような道で、どこに停めればよいのか、一応は水車小屋の奥に3台分ほどの空き地がありますので、そこに停めます。

ちなみに、7/18のブログで触れたクロアゲハはここにいました。

少し進むと別荘のような建物が見えてきます。
現在は使われていないようです。
この別荘らしき建物の右側を抜け、右に旋回します。
2015P7182777.jpg

草に覆われた案内を発見。
2015P7182778.jpg
3つの滝を拝みたければ、一度戻ってくる必要があります。

といっても、どちらも片道10分あるかないかです。
まずは雌滝・雄滝です。

道中は先日ご紹介した生田の滝群よりも狭く、蜘蛛の巣が多かったです…。
2015P7182828.jpg
それでも所々に植物があり、暫し心を和ませてくれます。
2015P7182835.jpg
が、下の植物はあまり和みませんでした…。
2015P7182840.jpg

5分ほどで雌滝に到着。
…岩に隠れて見えないです。
2015P7182781.jpg

下りて正面から捉えたいのですが、2~3mほど降りる(落ちる?)必要があります。
2015P7182784.jpg
降りたは良いが、登ってこられる保証はありません。

何とかギリギリまで岩場を覗きこむように、腕だけ伸ばして撮影しました…。
2015P7182793.jpg
2015P7182797.jpg

ちなみに、滝口は容易に覗きこめます。
2015P7182799.jpg

さらに5分ほど進むと雄滝が見えてきます。
河鹿沢の雄滝

遊歩道の柵が残念ですが、梅雨の合間だけあって見応えがあります。
河鹿沢の雄滝
河鹿沢の雄滝
河鹿沢の雄滝

来た道を戻って菅谷不動尊の滝を目指しますが――倒木が行く手を遮ります。
2015P7182854.jpg
くぐるときは蜘蛛の巣に要注意です。

菅谷不動尊の右脇を通ります。
2015P7182853.jpg

倒木再び。
振り返って撮影。
2015P7182851.jpg

菅谷不動尊の滝は予想以上に可愛らしい滝でした。
菅谷不動尊の滝

動画もどうぞ。

[広告 ] VPS

Youtubeでも見られます


帰路、前方に人影を発見。
追い付いたところで挨拶をすると、くだんの別荘を見に来られた地元の方でした。
物件としてはアクセスがどうも…と仰っておりましたが、確かに。
ただ、私のナンバーを見て、

「わざわざ茨城に来てくれて嬉しいなぁ」

と、しみじみと仰って頂いたのには心をうたれる思いでした。
郷土愛に溢れる方々の純粋な気持ちの上に、様々なものが成り立っていると改めて思い至った次第です。

あ、なんかワタシ、いい人っぽいっすね、ホント。
いや~、こういうところで地が出てしまうのは如何ともし難いですねぇ、ええ。

さて、次回は7/19に訪問した神奈川県 塩川滝です。
折からの降雨で半端ない水量でした。
滝・渓流 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
茨城県 生田の大滝(生田の滝群) 動画
2015 / 07 / 23 ( Thu )
ども。
本日は予告通りに「茨城県 生田の大滝(生田の滝群)」の動画です。

[広告 ] VPS

Youtubeでも見られます


次回は茨城県 菅谷不動尊の滝・河鹿沢の雄滝・河鹿沢の雌滝です。
…本日は短く終了致します。
滝・渓流 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
Ninja250R | ツーリング 茨城県 生田の大滝(生田の滝群)
2015 / 07 / 21 ( Tue )
ども。
体調管理にだけは気をつけたいですね。

さて、本日は予告通りに茨城県 生田の滝群です。
20150718DSC_0004.jpg
国道349号を北方向へ向かうと、右側に「生田大滝・小滝」の小さな看板がありますので、素直な気持ちで向かって下さい。
曲がった先は対面通行が出来ないほどの隘路です。
私道ではないかと思うほどで、分岐もあります。
案内がありませんので一度道を間違えました…。
一度戻ってからナビ画面拡大で無事に駐車スペースまで辿り着きました。


駐車スペースは車が5台くらい停められそうです。

2015P7182641.jpg
上のような砂利道走行が苦ではないなら一番初めの滝直前まで乗り入れることも可能です。
ワタシは歩きましたが。

それでも一番奥の大滝まで徒歩で15分くらいでしょうか?
途中、獣道っぽくなりますが、迷うことはありません。
2015P7182690.jpg

一番注意したいのが蜘蛛の巣です。
狭い箇所は顔の高さにトラップさながら張られていることがあります。
落ちている枯れ枝を振りながら前進します。

最初の滝までの道中は野草が顔をのぞかせ、中々に良い雰囲気です。
2015P7182644.jpg
2015P7182756.jpg
2015P7182761.jpg
2015P7182767.jpg

ちなみに、この生田の滝は渓流爆を数多く擁し、小さなものを含めると…数えきれません。
2015P7182680.jpg
2015P7182683.jpg
駐車スペースまでのルートですら、段差が連続する渓流を右手に見ることが出来ます。

最初にお目にかかる「出会いの滝」
2015P7182655.jpg
2015P7182666.jpg
訪問者が初めて出会う滝であり、正面と左からの渓流爆が出会う滝でもあります。
2枚目の写真が次に紹介する左からの「小滝」の流れです。

その「小滝」
2015P7182672.jpg
その上流にも渓流爆があります(歩いてすぐです)。
2015P7182741.jpg

次に現れるのが「見返りの渕」
2015P7182685.jpg
淵と称するだけあって、生田の滝群において一番水深が深いような気がします。

段差が美しい「中滝」
2015P7182693.jpg
残念ながら正面に回ることが不可能(ザブンとしてしまえば可能ですが…)なのが残念ですが、綺麗な段爆です。

そして、メインの「大滝」
2015P7182699.jpg
2015P7182712.jpg
巨石を巻くような軌跡が細かく別れ、合一したのち再び幾筋にも辿る様に思わず感嘆の声が漏れます。
撮影ポイントである木造の橋の上から奥まっているのも良い景観を演出していると思います。
実に印象深い滝です。
人間の痕跡が少ないのも良い点です。
しかし、あまり人の往来がないということは、すなわち蜘蛛の巣が張られる可能性が高くなるワケでして、その点だけが惜しまれます。

この日、一人で自然の中を歩くのは楽しい反面、精神的な負担が存在するのを改めて強く感じました。
正直、やっぱりチョット怖さというか、不安というか、そういった感情を抱かないほどの強さは持ちあわせてはいないようですので。

それでも、滝を目の当たりにしてカメラを構えると、一切の不安が消えてなくなるのは――比較するのも憚られますが、もしかしたら戦場カメラマンもこういう状態なのだろうかと、少しだけ理解できるような気がするのです。

さて、次回は動画をお送り致します。
滝・渓流 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
長野県佐久穂町 乙女の滝 動画
2015 / 07 / 19 ( Sun )
ども。
関東地方も梅雨が明けまして、本格的な2015年のサマーシーズンを迎えておりますが、なんともはやお暑うございますね。
道路脇の温度表示が35や36といった「はあ? 何言ってんスか、あーた!?」的な、色々と壊れ模様を呈する状況にいささか辟易しております。
今後、数字が低くなってゆくことを望めないのもアレでございますね、ホントに。

そんな過酷な環境にもめげず出撃した勇者たちに、まずは拍手を!!

ま、ワタシもそのうちの一人なんですけどね。

とは言っても、疲れが残っていることもあり、今日は往復120km程度のプチ走りに留めました。
が、出発が10時半、暑くなりかけ~絶賛最高気温到達中の5時間でした…。
出発前の交通状況チェックで、いわゆる高速道路が真っ赤っ赤でしたので、下道をノンビリ走ろうとか考えたのが浅はかでした。
目的地の滝周辺は涼しげで良かったんですけどねぇ~。
それはまた後日。

本日は7月12日に訪問した長野県佐久穂町 乙女の滝(動画)です。
ライブ感はなくなりますが、順番にやらないと抜けてしまう危険性が大でありますのでご容赦下さい。


[広告 ] VPS

Youtubeでも見られます


さて、次回は昨日訪問した茨城県 生田の大滝を中心にお送りします。
幾つもの滝に出会えて秘境感もあるコースです。

…道中、誰にも会いませんでしたから。
滝・渓流 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
Ninja250R | ツーリング 茨城県 滝めぐり(と、滝ではない動画)
2015 / 07 / 18 ( Sat )
ども。
確約できないことは言わない方が良いですよね、やっぱり。
前回、次回は動画です、と予告しましたが、内容が一部変更になりました。

さて、本日は茨城県まで滝を拝みに行って参りました。
往復約360km。
出掛けに給油すれば注ぎ足しナシで帰ってこられます。
優秀な相棒です。

首都高→常磐道→国道349号のルートです。
この349号沿いは滝の宝庫とも言うべき道で、一日ですべての滝を見て回るのは、撮影時間を考えると余程早朝に出かけないと難しいです。
20150718DSC_0004.jpg

今回は下図の赤丸部分、
20150718DSC_0005.jpg

生田の滝(自治体HP)と、


菅谷不動尊の滝・河鹿沢の雄滝・河鹿沢の雌滝(自治体HP)を訪問しました。


17番の「横川の下滝」は以前のブログでも触れましたが、中々に良い滝でございました。

で、今回掲載しますのは、滝とは全く関係のないもの、クロアゲハです。
都会じゃ見られませんので思わず興奮しましたよ、ええ。

クロアゲハ

[広告 ] VPS

Youtubeでも見られます


人への警戒心がゼロで、足元を飛び回る様は実に「めごい」!!

まだ実家住まいをしていた昔、ベランダのレモンの鉢植えにアゲハチョウが産卵し、何匹もの幼虫の中からたった一匹だけ羽化したのを思い出しました。
鳥に捕食されたり、餌である鉢植えの若芽が足りなくなったり(幼虫の食欲は半端ではない!!)、住宅街の真ん中という過酷な環境にも関わらず、幼虫からサナギ、そして成虫へと成長し、羽化直後の頼りない羽ばたきに「頑張れ!!」と応援したこと――ふと、そんな純粋な気持ちが蘇りました。

無事に子孫を残せよ!!

…己の心配をしろとのご指摘、もっともであります。

さてさて、次回はどうしましょうか?
前回の滝動画と今回の滝写真と滝動画と花写真、オマケに明日のツーリング報告もあったり無かったり――その時に決めます。
では、ダストレーチ。
ツーリング | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
Ninja250R | ツーリング 長野県佐久穂町 乙女の滝
2015 / 07 / 16 ( Thu )
ども。
相変わらずの――まあ、みなまで言う必要はないでしょう。
体調管理には十分注意したいところでありますね。

本日は予告通り、長野県佐久穂町 乙女の滝です。

299号(武州街道)沿いにある、かなりお手軽な滝です。

お手軽と言っても、付近の道幅は狭く、乗用車でさえすれ違うのも難しい隘路にあります。

本来ならおよそ300mほど西側の駐車場から下る遊歩道を進むのですが、土砂崩れで遊歩道が通行止めとなっていますので、滝の真上から下る入口まで車道を歩く必要があります。

とは言いつつも、バイクの場合は滝の真上にある車よけに停めれば全く問題ありません。
非常にお手軽で涙がチョチョ切れそうですよ、ホントに。

ここまで来ると車道から滝が見えます。
いつものような山道を進まずに済み、涙腺崩壊による脱水症状を危惧するような事態さえ頭を過る予感に襲われる気がするくらいです。

入口を降りるとすぐにご対面。
2015P7122564.jpg
梅雨の合間だけあって水量が豊富です。

正面から。
2015P7122611.jpg
巨石を裂いて二条に落ちる姿が印象的です。

左手には斜面を縫うような白糸が2本。
2015P7122599.jpg

本流は段瀑という構成。
2015P7122615.jpg

いくらでも入っていけるという自由さ。
2015P7122603.jpg
2015P7122626.jpg

看板や手すりやベンチといった人工物が視界に入るのは本来ならマイナスポイントと感じるのですが、正面に立って滝に目を向ければ、轟音と飛沫、容赦無い陽光と木々が創る陰影、無骨な岩と優しい軌跡――いっとき世俗を忘れ、前後の煩わしさや、ここに至った経緯すらも忘れさせるような空間。

壮大な名瀑に目と心を奪われるに似た感覚でしたね。

…とか何とか言いつつも、内心はかなりはしゃぎ気味で、「うひゃ~」やら「うひょ~」といった大人げない心持ちであったことは、恥ずかしながら告白せねばなりません。

撮影中にもバイクや車が何台も過ぎてゆきましたが、勿体無いというか――いや、単に興味がないだけなんでしょうね。
まあ、そういうワタシも、おそらくは「必見」や「必食(?)」とされる事柄を数多く通り過ぎてきたに違いないのですから、人様のことをどうこう言える身分ではありませんね。

さてさて、次回は動画です。
ま、いつものパターンということで。
再見。
滝・渓流 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
Ninja250R | ツーリング 国道299号(メルヘン街道~秩父)
2015 / 07 / 15 ( Wed )
ども。
連日の暑さ、堪えますね。

さて、前回はお疲れモードすぎて、はしょった感じになってしまいました。
本日はリンクやルート図を交えての補足です。

…まあ、滝写真の選別とか、今日の所は勘弁して下さい。

メルヘン街道 麦草峠 白駒の池付近

麦草峠は、国道では群馬県と長野県をまたがる渋峠に次いで2番目に標高の高い場所、とのこと。
3年前に走った時に較べ、頭と身体がバラバラの状態で、感覚のズレがとても酷く、はたから見たら「危ない」と思われたことでしょう…。
ブレーキングが遅れるは、減速しすぎるは、ギアの選択がメチャクチャだったり、とにかく酷い有様でしたよ、ええ。
このズレは昼まで続きましたので、開き直って超安全運転を心がけました。。

乙女の滝(自治体HP)

前回のブログで「群馬県」と記しておりましたが、長野県の誤りです。
事前情報なしで訪れましたが――いやぁ~、これは良かった!!
ヒジョーに良かったです!!
詳細は後日。

十石峠

全体として狭く、路面状態も良くない。関東圏の国道としては整備状態が最悪の部類に入り、しばしば「酷道」などと揶揄される(Wikipediaより)。
確かに道幅も狭く、車のすれ違いが難しい隘路ですが、福養の滝付近の南アルプス公園線やら天竜スーパー林道の脇道に比べれば走りやすいと思います。
伊豆の59号の路面を松姫峠並に荒れさせたというか――まあ落石注意ではあります。
この頃になって、ようやくズレが解消され、スムーズに乗れるようになっていましたね。
…滝で目が覚めた!?

西上州やまびこ街道

ここは走りやすい。
非常に気持ちの良いコースです。
思わず靴を擦りました。

ワインディングルート全図

途中、集落や平坦なルートもありますが、大体130kmくらいのコースです。
十石峠付近がなければ大抵の方にオススメできます。
…初心者の方は少し慣れてから十石峠をお進み下さい。
マスツーの方々も、ベテラン集団以外は避けたほうが無難かと思いますよ、ええ。

さてさて、次回は予想以上に良かった「乙女の滝」です。
やると断言しちゃいます。
てなことで、アディオス。
ツーリング | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
Ninja250R | ツーリング 長野県 白駒の池(メルヘン街道)
2015 / 07 / 12 ( Sun )
大変暑いなか、皆様お疲れ様でございます。
ツーリング、本当に、ホントにお疲れ様でございますよ、ええ。
でも、やっぱり夏はエアコンの効いた部屋でビールが最高ですねっ!!
わざわざ30度の酷暑に出かけようとは、よほど好きか――



……出かけましたよ、ワタシも。
470kmほど走りまして、すっかりお疲れモードです。

さて、本日は先週の分を取り戻すべく、一都五県を跨いできました。
20150711a.gif

色付けすると尚わかりやすい。
20150711b.gif

メルヘン街道と白駒の池での森林浴、乙女の滝、峠走行という、一回でサンド美味しい――確かにサンドウィッチは上手いが。
ええと、一回で三度美味しいルートでございます。

メルヘン街道は2012年9月に訪問しましたが、白駒の池は駐車場が満車で入れず仕舞い。
今回は是非とも寄りたいと思い、朝の5時前に出発。

大まかなルートは首都高→中央道→299号です。

休憩を挟んで(サンド?)4時間弱。9時チョット前に到着しました。
この時間は流石に空いていますね。

白駒の池(自治体HP)

2015P7122478.jpg
2015P7122482.jpg
2015P7122485.jpg
2015P7122493.jpg
2015P7122495.jpg
2015P7122500.jpg
2015P7122517.jpg
2015P7122519.jpg
2015P7122532.jpg
2015P7122535.jpg
2015P7122545.jpg
2015P7122559.jpg

遊歩道を1時間チョイかけて周遊し、ワインディングを楽しみつつ、次の目的地である乙女の滝に向かいます。

…5時間弱の睡眠時間と酷暑でヒジョーにお疲れとなっておりまして、今日の所はドロンさせて頂きます、ニンニン。
ツーリング | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
神奈川県西丹沢 小さな滝 (と、とりとめのない話)
2015 / 07 / 08 ( Wed )
毎日よく降りますね。
タイヤキだったら店のおじさんと喧嘩して、勢い海に飛び込んでしまいかねない頻度です。

ども。
週末を心配する時節柄、皆様は如何お過ごしでしょうか。
日曜日は今のところ大丈夫そうで、ホッと一安心しております(地域限定)。

さて、またまたバイクやツーリングとは関係ない話で申し訳ないのですが、リバイバルヒットってありますでしょ?
一般的には世間様に対する事柄を指すとは思いますが、何故か再燃してしまう「個人的な」リバイバルというのも経験があろうかと思います。
そんな「俺的リバイバル」が絶賛進行中となっているのが、ピーター・セテラのWORLD FALLING DOWN
確か1992年発表のアルバムだったと記憶しております。
以前は7曲目の「WHERE THERE'S NO TOMORROW / 明日があるから」が一番のお気に入りでしたが、最近は運転中にアルバムタイトル曲の「WORLD FALLING DOWN / ワールド・フォーリング・ダウン」が脳内でリピートされます。
…久しぶりに聞いたらすっかり侵されてしまったようです。

しかし、このアルバムは全体的に完成度が高く(個人の感想です)、オリジナルアルバムとしては2001年のAnother Perfect Worldの次に良いですね(個人の感想です)。

さてさて、今回はお茶濁し――いやいや、そんなことは滝様に失礼ですね。
未公開の素材から、先月20日のブログでご紹介した下棚、本棚の途中にある名も知れぬ滝の映像です。

…相変わらずFC2動画は処理が遅い。
まあ無料ですからこんなもん――いや、YouTubeはタダでも早いですよ!?


[広告 ] VPS


Youtubeでも見られます


さぁて、次回はどうしようか?
素材は無いこともないといった状況ですので、微妙といえばビミョーなのです。
滝・渓流 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
ダメな大人の週末模様(バイクはドコ行った!?)
2015 / 07 / 06 ( Mon )
ども。
関東地方は梅雨真っ盛り、週末も善女竜王の御機嫌も麗しくみえて、止むことなき雨雫にひねもす自堕落に過ごす――

まあ、何て言うか、引きこもり状態ッス。
先月は皆勤賞となりましたが、今月は初めの日曜日からつまずいてしまいました…。

そもそもが土曜日の退社が23時近くになり、深夜営業のディスカウント店で酒とつまみを買い込み、家に着いたのが次の日という有り様で、そこから一人宴会を始めたものですから、当然酒量も増えるわけで、いくら9時前に起きたとしても出かける気になんかならないってモンです。
これは不可抗力です、ええ。

…日曜日が晴れの予報ならば違った心持ちになったとは思いますが。

というワケで、日曜日は「ダメな大人」を満喫しました。
昼から酒、食事はつまみで済ませ、タバコにも余裕を持たせ、一歩も外に出なくても良い環境を前日のうちに作り上げて完遂。

いや~、一人暮らしサイコーっすね、ホントに。
訪問者といえば、〒マークを身にまとったファンがサインをねだるくらいで、とてもとても、非常に静かな日曜日でございましたよ、ええ。

…さてと、このくらいにしておこうかなっと。

〒マークのファンが持ってきたもの、それはおニューなパーツ――
とは言っても、残念ながらバイクのではありません。
ノートPCのM/B(マザーボード/いわゆるメイン基板)です。

あ、ここからバイクとは関係のない話になります。
…今までもそうでしたが。

チョコチョコ集めたパーツが揃いまして、面倒ながら酒の勢いをかって組み立てを行ったという次第です。
サブ用なんですけどね。

今回届いたメインの基板と、これまでに入手した液晶画面や筐体。


組み立て終了まで15分位です。
バイクのカウルを外したり、パーツ交換するのと似ています。

しかし、ビスが多いのが難点。
2015070421210001.jpg
40本くらいあります。

ちゃちゃっと組んで、下半分が終了。
2015070421570000.jpg
このまま外部ディスプレイに接続して「省スペースPC」として使うのもアリですが、液晶モニターもありますので、普通にノートPCとして使うことにします。

パーツごとに選んで入手しましたので、高解像度で無線LAN、高クロックCPU搭載という普段使いには「出来た子」なんですが、結局はいつも使っている(今も実際に入力している)ショップブランドのノートがメイン機だったりします。
快適に使用するにはSSDもメモリも足りないし、何より環境を整えるのが一番時間がかかりますので、今回の「出来た子」はあくまでも予備用なのです。

とまあ、それなりに有意義に過ごし――なワケないです。
やっぱりお日様の下、ツーリングが一番です!!
その他 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
ボウズクリの滝 動画
2015 / 07 / 01 ( Wed )


ども。
特別トピックがあるわけでもなく、淡々と日々を重ねている今日この頃、皆様は如何お過ごしでしょうか。

さて、本日はボウズクリの滝、動画編です。

[広告 ] VPS

Youtubeでも見られます


やっぱり滝壺まで収めてナンボ、ですね。
周囲の岩を上手く登るか迂回できれば良いのですが、なにせ滑るんですよねぇ。
ツーリング装備では厳しい滝が多いです。

さて、冒頭の写真。
6月はバイク皆勤賞となりました。
走行距離が2kmの怪しい日もありましたが、とりあえず6月は毎日乗りました。

…だからといって、どうということも無いのですが。
滝・渓流 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |