FC2ブログ
茨城県大子町 袋田の滝(日本の滝百選)
2016 / 06 / 10 ( Fri )
ども。
ご無沙汰しておりました。
先日の日曜日は梅雨入り直後のハッキリしない天気でしたので、ヤボ用を片付けて過ごしておりました。
もちろん、より重要なアルコール摂取は怠らず、キッチリと許容量いっぱい楽しんでおりましたよ、ええ。

さて、そんなこんなで、本日は先月行った1泊2日の滝巡りの最終回をお届けします。

茨城県大子町は袋田の滝でございます。
…メジャーどころです。

自治体HP


疲れが残る中、7時過ぎにネットカフェを出発。
営業開始が8時ですので、それに合わせた格好です。

途中でコンビニ朝食休憩を挟みつつ、ノンビリ走って8時頃に現地着。
滝に近い駐車場は有料(車の場合は300~500円)ですので、チョット離れた無料の町営駐車場へ停めることにしました。

…これがイケなかった!!
目的地までは1.4kmほど。
前日の疲労が残る身には堪えました。
滝が目的の方は、お金を払ってでも有料駐車場に停めたほうが良いです!!

さて、20分ほどトボトボ歩き、ようやく観瀑施設(袋田の滝トンネル)入口へ。
300円払って入場します。

トンネル内部に足を踏み入れると、意図が不明なイルミネーションが出迎えてくれます。
2016P5298530.jpg

途中に2箇所ほど右手に分岐があり、見晴台と出口を兼ねる吊橋へと進むことが出来ます。
見晴台からの眺め。
2016P5298531.jpg



……

………紅葉の時期は綺麗なんでしょうね、多分。

さて、出口兼吊橋は最後に回し、第一観瀑台へ。
袋田の滝
袋田の滝
袋田の滝
先客は1名だけで、後に続く方もほとんど無く、かなりの貸切状態でした。
間近に見られるのは良いのですが、この日は水量が少なくて迫力に欠けたのが残念です。

エレベーターを使って新観瀑台へ上がります。
3段のデッキからなり、滝の全容を見渡せます――と言いたいところですが、滝壺は見えません。
袋田の滝
袋田の滝

エレベーターを下り、吊橋に向かいます。
袋田の滝
袋田の滝
見事な断崖が拝めます。
滝以上に存在感がありました。

第一観瀑台より。
袋田の滝
普段撮らない滝の写真を収めようと、恐らく一番時間と枚数をかけました。
逆光でしたのでフレーム効果が出せるかなぁ、なんて。
…あんまり上手く行きませんでしたが。

動画もどうぞ。

[広告 ] VPS

Youtubeでも見られます


撮影時は疲労を感じることはありませんでしたが、やっぱり移動するとなると身体が重い。
吊橋先には袋田自然研究路の看板があり、生瀬の滝まで20分とのこと。
滝野郎としては聞き捨てならないコメントです。

しかし――
2016P5298683.jpg
この急な階段はどこまで続くのか!?

使命感を糧に50段ほど登りましたが――

2016P5298685.jpg
一向に先が見えません。
足が上がらなくなりましたので退散することにしました。
部活じゃないんだから勘弁して下さいよ、ホントに。

中途半端に登って消耗したのはモチロン、挫折と諦念がトグロとなって心中を巻く状況がそうさせたのか、駐車場への帰路は往路以上にトボトボ歩きとなりました。
相棒の元に辿り着いたときは心底ホッとしました。

あ゛~~~~~~づがれ゛だぁ゛

と、思わず漏らさずにはおれませんでした。

これは途中で眠くなるな、そんな予感がありましたが――やっぱり非常に眠たくなりました!!
コーヒーとリアルゴールド、ブラックブラックを噛み締めつつ、昼過ぎに帰宅できました。

お泊りツーリングは、やっぱり初日が肝心ですね。
次の日以降にいかに余力を残しておくか――いや、アッサリと切り上げて翌日に備えるのが正解でしょうね。

…次に活かされるかどうか、それは分かりませんけど。

さて、見損なった生瀬の滝ですが、観光協会のサイトでご覧いただけます。
観光協会HP
階段を登る前に見て、これは見ないといけない!!
と思いましたが、前述のとおり無理でございました。
いつか、時間と体力のあるときにでも訪れたいです。

さてさて、メシの用意がありますので本日はこの辺りで――余力を残して次の日に備えたいと思います。
次回は、恐らく何らかのツーリング・レポートになるのではないでしょうか。
日曜日は降らないようですし。

ではでは。

スポンサーサイト



滝・渓流 | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
| ホーム |