スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | page top↑
神奈川県足柄上郡山北町 大滝
2016 / 12 / 29 ( Thu )
ども。
差し迫った年の瀬を前に、新年を迎える準備など忙しくお過ごしのことと思います。
仕事納めの方も多いかと思われる今日この頃、皆様は如何お過ごしでしょうか。

…ワタクシは明日が仕事納めでございます。

さて、本日は12/25のツーリング先である、神奈川県足柄上郡山北町にある大滝をお送りいたします。

…起きるのが遅くて遠出できませんでした。

10時に出発、途中の中井PAで朝(?)ラーを済ませ、現地にはお昼頃に到着。
サンタさんのかき入れ時とあって、わざわざ出かけようと思う方は少ないようで、普段の週末とは違って東名も空いておりました。
で、場所を確認。

県道76号から西丹沢大滝キャンプ場の黄色い看板を折れて脇道に入ります。

曲がってすぐ、キャンプ場へは向かわず、ゲートのある林道に向かいます。
2016PC252929.jpg

ゲート付近は舗装されておりますが、そこから先は未舗装路。
バイクを降りて先を確認しましたが、大きめの石が敷き詰められていて、オンロードバイクだと厳しいです、ハイ。
林道とキャンプ場への道の途中に駐車スペースがありましたので、私は大人しく徒歩で向かうことにしました。
2分ほどで2番めのゲートに到着。
2016PC252930.jpg

このゲートの先が大滝の駐車スペースです。
2016PC252931.jpg
林道入口からすぐの場所ですので、ここまで進まなくても良いでしょう。

道中は↓の有様。
2016PC252932.jpg
2016PC252933.jpg
オフ車であれば乗り入れ可能でしょう。

ただ、途中には沢も楽しめますので、徒歩でも問題ありません。
2016PC252933b.jpg
2016PC252933c.jpg
目指す滝まで20分程度ですので、歩いたとしても気分的に楽であります。

道なりに数分進むと、ソーラーパネルを備えた施設が現れます。
2016PC252934.jpg

さらに数分、分岐に差し掛かります。
2016PC252935.jpg
左手の畦ヶ丸へ向かいます。

ここまで平坦な道のりでしたが、分岐を超えた先からはトレッキングコースとなります。
2016PC252936.jpg
2016PC252937.jpg
2016PC252938.jpg
…汗ダラダラです。

この辺りで下山してきた一人の女性とすれ違ったのですが、挨拶を交わしても怪訝な表情でございました。
片や登山用の装備、こちとら上下バイク装備で右手にカメラですので無理からぬ事。

「いや~、この先の滝まででして、えへへ」

なんて言い訳も頭を過りましたよ、ええ。
まあ、場違いな格好であったことは否めない事実であります。
しかし、そんなトレッキングも目的地を滝としたなら、バイク装備でも問題なく到達可能です――見た目の問題は別として。

5分ほどで登山道と沢に下る道の分岐が現れます。
2016PC252939.jpg

当然、私は後者を選択。

沢に降りて右方向へ進むわけですが、右手が崖になるため、一旦渡渉して対岸へ向かう必要があります。
沢の水深は深くありませんが、濡れたくありませんからピョンピョン飛び石作戦です。

沢を右手に見ながら少し進むと――大滝でございます。
足柄上郡山北町 大滝

落差は10m程ですが、水がキレイで、水量もまずまずで良い感じです。
足柄上郡山北町 大滝

誰もいないというのもポイントが高うございます。

滝壺まで距離がありますので、もっと近付きたくなるのが人情というもの。
このあたりは対岸が開けておりますので、再び渡渉――というか、石の上から立ち幅跳びです。

歩いて渡れそうな石がなくて、ジャンプする羽目になりましたが、思うにこのときに『おニューなアイテム』が損傷したのではないかと。
往復でジャンプしましたしね。

でも、やっぱり滝壺から眺めるのが一番なのですよ、ええ。
足柄上郡山北町 大滝
足柄上郡山北町 大滝


[広告 ] VPS

Youtubeでも見られます


相棒の元へ戻ってきたのは13時半過ぎ。
帰りは下りで、撮影も数枚でしたので10分ほどでした。
往復30分――ということは、滝の周囲で1時間くらい過ごしていた…?

そんなに長居した気はしないのですがねぇ。

…もしかして、ウラシマ効果?
光速に近い速度で移動していましたか!?

「どこを渡ろっかなぁ~」とウロウロしていたのがホントのところです、ハイ。

さて、そんなこんなで今年のツーリングチャンスは31日のみ。
しかし、午後から予定がありますので、これが今年最後のツーリングとなる――のか?
どうなんでしょうね。
スポンサーサイト
滝・渓流 | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
おニューなアイテム 使用前 / 使用後
2016 / 12 / 26 ( Mon )
ども。
ちょうど週末と重なったクリスマス、皆様は如何お過ごしでしたでしょうか。
世間様の慣例に習いまして、ワタクシも昨日ケーキを頂きました――コンビニの。

さて、毎度のソロな聖夜を過ごしたワケですが、プチッとソロなツーリングにも出掛けまして――まあ、これまた毎度のことながら滝でございますよ、ええ。

2016PC253049.jpg

まあ、その話は後日に回しまして、本日は先日購入した『おニューなアイテム』についてです。
手遅れにならないうちに、インプレッションをせねばと思った次第です。

件の『おニューなアイテム』こと、すべり止めスパイクでございますが――

非常に効果が高い!!

ということは申しておきましょう。

枯れ葉の積もる山道でも滑りにくいことが実感できました。
普段は滑る岩場でも、しっかりとその効果を体感できました。

しかし――次回は使わないと思います。

いや、使えません。

使用前


使用後
2016PC222888b.jpg







一度の使用で爪が失われておりますね。

右側が5個、左側が3個、爪がなくなっておりましたよ、ええ。

岩場をガシガシ歩き、沢の飛び石をジャンプして進みましたので、メーカー側からしたら想定外の使用方法だと思いますが――。

ほか、気になった点で、かかとが外れやすい、ということ。
チョットでも左右にズレると外れてしまいます。

まあ、これは靴の形状にもよるんでしょうけれど…。

ということで、ワタクシは次のアイテムを捜索中でございます。

やっぱりアイゼンしか無いのかなぁ…?
モンペルのチェーンスパイクとか耐久性の面でも良さそうですが、類似品の倍以上お高い。
しかし、安いC国製は信頼性がなぁ…。

悩みは尽きませんです、ハイ。

そんな思いは胸にしまっておくとして――
次回は訪問した滝の模様をお送りいたします。

ではでは。
その他 | トラックバック(0) | コメント(6) | page top↑
おニューなアイテムがやって来るヤァ!ヤァ!ヤァ!
2016 / 12 / 22 ( Thu )
ども。
約1週間ぶりのご無沙汰でございいます。
師走と申しますが、誰の師でもない私でもそれなりに忙しいようで…。

まあ、師ではなくとも毎日走ってますが。

それにしても、今日はお暑うございますね。
21時の時点で外気温は18度。
南風もあり、体感はそれ以上に感じます。

前回、
『冷えますね、ホントに』
なんて書きましたが、一気に季節が逆戻りした感がございますね。
皆様、体調など崩されておりませんでしょうか。

さて、先日の日曜日でございますが、残念ながらツーリングには出掛けておらず、更に言えばバイクに乗らない日となってしまいました。
左手を動かすと肩に痛みが走りまして、さて、今シーズンの68試合登板が響いているのか、70回2/3の登板機会が原因なのか、シーズン終盤の回をまたいだ連続登板で消耗したのか、今ひとつハッキリ――

って、俺ぁ野球選手じゃあなかったよなぁ。

いや、そもそも俺ぁ左では投げられないよなぁ…。

原因は不明ですが、今は何ともありませんです、ハイ。

ということで、バイクネタが無い状態でありまして、帰宅も遅く、寝落ちしたい放題でありましたので、約1週間ぶりと相成ったわけであります。
しかし、その間も世の中は動き続けるものでして、決して動きを止めることはありません。
そんな世間に身をおく者として、ワタクシにもチョットした出来事が――

いや、単に物を買っただけです、ハイ。
靴に付けるスパイクです。

Made in Chinaの素敵アイテムでございます。
2016PC222887.jpg

これをひっくり返すと――
2016PC222888.jpg
合計10本の爪が!!

あまりにも滑りまくった滝巡りを思い起こし、一念発起――って大袈裟ですね、ホント。
この爪が期待に応えてくれるのか?
2016PC222900.jpg

装着の図。
2016PC222904.jpg
防水のシンテーゼに、滑り止めのスパイクが!!

靴裏。
2016PC222910.jpg
あんな場所やこんな場所、今まで滑っていたところを颯爽と駆け抜ける図が脳内に繰り返し映し出されます。
(人はそれを妄想と呼ぶ)

ベルトと前後の輪っかで固定します。
2016PC222911.jpg
2016PC222913.jpg
お手軽っす!!

ちなみに、『伸縮性のある高強度シリコンの使用』を謳ってはいるものの――
2016PC222904b.jpg
さて、どうなることやら。

そんなワケで、滝巡りのアイテムをゲット致しましたので、近いうちにインプレッションなぞ行いたい――って、今年は残りが少ないですね。
明日も仕事ですから、試せるチャンスは25日と31日。
さて、どうなることやら。
その他 | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
Ninja250R | お散歩 神奈川県 東高根森林公園 はじめてのRAW現像
2016 / 12 / 16 ( Fri )
ども。
冷えますね、ホントに。
これまでカーボンヒーターで過ごしてきましたが、室内にも関わらずあまりにも手が冷たくて、今季初のエアコン稼働中でございます。
11度って、外じゃないんだから…。

さて、本日は12/11のお散歩から、写真ネタをお送りいたします。
『はじめてのRAW現像』でございます。

RAW現像って何よ? ってな方は、Google検索にてご確認頂ければ幸いです。
RAW現像とは?

これまでJPEG撮って出しを、リネーム&リサイズ専用ソフトに放り込んで、ハイ終わりでしたが、せっかく備わっている機能ですから使ってみようと思ったワケです。
まあ、あくまでも、はじめてのRAW現像ですので、一部の機能しか使えておりません。
今回は主にホワイトバランス(WB)と露出補正の機能を使ってみました。

この日、午後からヤボ用がありまして、遠出は不可能でしたので、サクッと行けるところを探しまして――東高根森林公園に向かいました。
下道でも1時間かからないので非常にお手軽でございます。

公式サイト


園内も小1時間あれば一通り回れるお手軽さ。
車で訪れる方、自転車で訪れる方、様々です。

さて、数多くのファミリーに混じって、ソロの私はさっそく撮影開始です。
ホワイトバランス(WB)はオートの設定で、仕上がりはVividです。
上段が現像前、下段が現像後です。
2016PC112716.jpg
2016PC112716g.jpg
この日は天気が良かったので、WBオートだと晴天(5300K)。
全体的に青みが強かったので、日陰(7500K)にして露出補正を-0.3EVにしてみました。
あまりやりすぎると作為的になりますね。

2016PC112722.jpg
2016PC112722g.jpg
WBオートだと晴天(5300K)。やはり青みが強い。
WBフラッシュ(5500K)、-0.2EVで現像

2016PC112774.jpg
2016PC112774g.jpg
現像前も悪くはないのですが、寒い印象のためWBオートの晴天(5300K)を、曇天(6000K)にして、-0.2EVで現像。
現像後は温かい感じになりましたが、背景まで彩度が上がってしまい、ちょっとウルサイ感じですね…。

2016PC112815.jpg
2016PC112815g.jpg
日陰の中、スポットが当っていた葉を逆光で撮影。
WBオートの晴天(5300K)だとあまりにお寒い。
日陰(7500K)にして青みを和らげました。

2016PC112763.jpg
2016PC112763g.jpg
風に吹かれる紅葉を1/5秒のシャッタースピードで撮影。
WBオート(色温度不明)だと彩度が低くて青みが強い。
日陰(7500K)で鮮やかさアップ、+0.2EVでキラキラ度アップです。

2016PC112844.jpg
2016PC112844g.jpg
撮影時のWBは日陰(7500K)。
色味は悪くありませんが、ノッペリした印象なのでアートフィルターの『ジオラマ』を施し、-0.2EVで陰影を濃くしてみました。

2016PC112877.jpg
2016PC112877g.jpg
池を泳ぐ鳥さん。
日陰(7500K)から、WBフラッシュ(5500K)、+0.1EVで現像。
少し赤みが強いものの、現像前のほうが良いかもしれませんね…。

ここまでRAW現像をしてみて、確かに効果的だと思うのでありますが、いくつかデメリットもありまして――

1.保存容量
今回撮影した枚数は約170枚。
JPEGのみであれば1枚3MBチョットで、合計約480MB。
RAWファイルは1枚14MBほどで、合計約2.3GB。

…容量デカイっすね。
容量が大きいということは、それだけ保存する時間もかかるワケで、バッテリーの消耗も多くなります。
お泊りツーリングのときは予備が必要になりそうです。

2.それなりにマシンパワーが必要
ノートPCでの作業となりますが、設定の変更によるプレビューの更新に1~2秒、現像(書き出し)に14秒ほどかかります。
連続して書き出すとなると、結構待ち時間が発生します。

3.手間が掛かる
ハイ、面倒ですね。
写真を選別する時間はJPEGでもRAWでも同じです。
RAWでは、更に効果を決めて(ここで1~2秒の待ち時間が発生)、JPEGに書き出し(1枚あたり約14秒)が加わります。
その後、リネーム&リサイズ専用ソフトに投げ込みますので、RAW現像している時間が単純に加算されることになります。
現像時にリネーム&リサイズしてしまえば工程は一つ減るものの、RAW現像にかかる時間だけは確実に増えます。
専用ソフトにポイっと投げ込んで済ませてしまう横着者ですので、手間が増えるのはご勘弁でございます。

ということで、効果は認められるが、そこまでしなくてもいいんじゃない? ってな結論に達しましたです、ハイ。

まあ、最初から適切なWBと露出補正を行っていれば、困ることは無いだろうなぁってな感想でございます。
しかし、アンダーに寄り過ぎた写真の救済など、出来ることも多いですから、紅葉だったり桜だったり、季節ものを撮るときは効果が高いので、やってもイイかなぁって感じです。

…ハラ減ってるし、だけど恐ろしく眠いし、もうどうにかなってしまいそうですので、本日の『はじめてのRAW現像』はこれにて。
皆様のサイトにご訪問できなかったときは、

『ああ、寝落ちしたんだな』

と生暖かい目で見守って頂ければ幸いです。

ではでは。
ツーリング | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
柳の下のドジョウは繁殖中
2016 / 12 / 14 ( Wed )
ども。
雨上がり、急に冷え込んで来ましたね。
明日からは最低気温が5度以下が続き、本格的に季節の変わり目となりそうです。

さて、本日はツーリングとも滝とも写真とも違ったお話でございます。
与太話でございますので、暇を持て余した方のみご覧頂ければと思っとります。
出来事をありのままに、心の内に分け入ってみようと――二番煎じでございますよ、ええ。

さて、仕事帰りにスーパーに寄り、食材を買い求めたのが事の発端でございます。
鍋でも作ろう――晩秋より、我が家のディナーは9割方鍋になります。
楽ですしね。
あまり遅いとコンビニ飯になりますが…。

で、食材をゲットしたのは良いものの、帰る途中、納豆を買い忘れて『しまった!!』と悔やみまして――まあ大事には至らないだろうと――。

帰宅後、脳内の会話。

続きを読む

その他 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
千葉県大喜多町 養老渓谷 粟又の滝遊歩道の紅葉
2016 / 12 / 12 ( Mon )
ども。
昨日は冷えましたね。
特に朝は5度前後の気温で、いよいよ本格的に冬モードか――
なんて思いましたが、日中はお天道さまのご機嫌も麗しく、お散歩するには丁度よい具合でしたね。

…あくまでも南関東の海っペリ限定ですが。

そんなワケで、私も相棒とともにお散歩したのでありますが、それはまた後日。
本日は前回12/4のツーリングから、千葉県大喜多町にある粟又の滝遊歩道の紅葉です。

自治体HP


養老川の片側がコンクリート製の遊歩道になっていて自然度は低いものの、水面と限りなく近く、ところどころ川にせり出す砂場・岩場が点在していますので、降りて撮影な点が大変良いです。

粟又の滝遊歩道 紅葉

以下、写真でどうぞ。
続きを読む

滝・渓流 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
千葉県大喜多町 養老渓谷 粟又の滝 万代の滝
2016 / 12 / 09 ( Fri )
ども。
少し間が空いてしまい、愛でに行った紅葉の情報をリアルタイムにお伝えできませんで大変申し訳ございませぬ。
来年のご訪問には間に合うよう、折りに触れご紹介はしたいと浅慮するところでございます。

ということで、今回は滝をメインにお送りいたしますです、ハイ。

千葉県大喜多町にある粟又の滝と遊歩道にある滝です。

観光物産協会サイト


町営駐車場(普通車500円/バイク無料)から遊歩道入口へ向かいます。
前回の写真は車道から粟又の滝上流を撮ったものです。

※紅葉の最盛期は周囲の道路が大変込み合います。
一部交互通行となり渋滞が発生するので、9時には駐車場へ辿り着けるよう計画されますよう。
東京方面から訪れる場合、路線バスが9:20頃に粟又の滝に到着しますので、その前を走らないと渋滞に巻き込まれると思います。
以降、大型観光バスもやってきますので、ますます大変になると思います。
ちなみに、私は前日に時刻表を確認しておりましたので、大変スムーズに辿り着けました。

さて、車道を歩くこと数分で遊歩道の入り口に到着。
2016PC042291.jpg
ご覧の通り、幾つもの滝があります――が、鑑賞に耐えうる滝は…

2年ぶりの粟又の滝は、前回よりも水量が多く、なかなか見事なものでした。
粟又の滝
粟又の滝
午前中は逆光となるのが残念ですね…。


[広告 ] VPS

Youtubeでも見られます


コンクリートで完全舗装された遊歩道を1kmほど進むと千代の滝がある――
千代の滝
う~む、コメントは差し控えたいと思います。
ほとんどの方がスルーされておりましたよ、ええ。

千代の滝から300mほどで万代の滝が現れます。
万代の滝
万代の滝
いかにも滝然とした姿に、ここは人気スポットとなっておりました。


[広告 ] VPS

Youtubeでも見られます


他にも『昇龍の滝』や『見返の滝』があるようですが、「これだ!!」というものは見かけませんでした。
昇龍の滝は遊歩道の対岸にあるとのことで、チョロチョロ流れてる「なんとなくそうかなぁ」程度のものは見かけましたが、撮影対象には遠かったです。
また、『幻の滝(小沢又の滝)』が一番奥にあるのですが、通常往復2時間のところ、往路だけで2時間以上かけてしまい、いい加減疲れてしまったのと、昼になり気温が上がって暑くなり、階段を登るも嫌で手前で引き返しました。
幻の滝(小沢又の滝)へ行くには粟又の滝から歩くよりも、もっと近い入口があるとのことですので、改めて訪問したいと思っております。


オマケ
車道から遊歩道へ降りる途中(かなりの急坂)に遭遇したネコちゃん。

何してるのかなぁ。
早くこっちを見てくれないかなぁ。
2016PC042293.jpg

あ、出てきた!!
2016PC042295.jpg

ブルブルブルブルッ!!
2016PC042296.jpg

プイっ。
2016PC042297.jpg

動物は難しいですね、ホントに。
滝・渓流 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
Ninja250R | ツーリング 千葉県大喜多町 粟又の滝 紅葉 プレビュー
2016 / 12 / 05 ( Mon )
ども。
1週間くらいご無沙汰しているように感じている今日この頃、皆様は如何お過ごしでしょうか。

さて、昨日の日中は冬らしからぬ穏やかな日となりまして、例によって私もお出かけを致した次第でございます。
千葉県へ行きまして、滝と紅葉を楽しんでまいりました。

千葉県大喜多町にある粟又の滝と遊歩道です。

観光物産協会サイト


実は、千葉県への訪問が久しぶりでして、昨年の11月以来となります。
粟又の滝へは2年ぶりの訪問になります。

2014年11月の記事

紅葉が見頃とのことで出かけたワケです。
2016PC042288.jpg
2016PC042279.jpg

終わりかけのところもありましたが、確かに素晴らしい紅葉でございました。

しかし、逆戻りしたような気温あり、そして何より予想以上の人出があり、バテてしまいましたよ、ええ。
2016PC042301.jpg
9時過ぎにして滝前はご覧の状況。
じっくり撮影というワケにはまいりませんでした…。

とか何とか言いながら、今回の撮影枚数は400枚を超えておりました。
選別が大変でございますね、ホントに。

ということで、次回から本編をお送りいたします。
今日のところはご勘弁下さいまし。
ツーリング | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
ノートPC ProBook 6570b CPU交換
2016 / 12 / 01 ( Thu )
20161201aaa.gif

ども。
先月は皆勤賞を逃し、29日の稼働でございました。
まあ、ほぼ毎日バイクに乗っているという事実には変わりありませんが、1日だけというのがチョット惜しまれる所でございます。

さて、本日はPCの話題なのです。
メインで使っている hp ProBook 6570b のCPU交換編でございます。
バイクの話は出てまいりませんし、滝や風景の写真もございません。

ということで、興味のある方だけ御覧ください。
続きを読む

その他 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。