FC2ブログ
Ninja250R | お散歩 神奈川県 東高根森林公園 はじめてのRAW現像
2016 / 12 / 16 ( Fri )
ども。
冷えますね、ホントに。
これまでカーボンヒーターで過ごしてきましたが、室内にも関わらずあまりにも手が冷たくて、今季初のエアコン稼働中でございます。
11度って、外じゃないんだから…。

さて、本日は12/11のお散歩から、写真ネタをお送りいたします。
『はじめてのRAW現像』でございます。

RAW現像って何よ? ってな方は、Google検索にてご確認頂ければ幸いです。
RAW現像とは?

これまでJPEG撮って出しを、リネーム&リサイズ専用ソフトに放り込んで、ハイ終わりでしたが、せっかく備わっている機能ですから使ってみようと思ったワケです。
まあ、あくまでも、はじめてのRAW現像ですので、一部の機能しか使えておりません。
今回は主にホワイトバランス(WB)と露出補正の機能を使ってみました。

この日、午後からヤボ用がありまして、遠出は不可能でしたので、サクッと行けるところを探しまして――東高根森林公園に向かいました。
下道でも1時間かからないので非常にお手軽でございます。

公式サイト


園内も小1時間あれば一通り回れるお手軽さ。
車で訪れる方、自転車で訪れる方、様々です。

さて、数多くのファミリーに混じって、ソロの私はさっそく撮影開始です。
ホワイトバランス(WB)はオートの設定で、仕上がりはVividです。
上段が現像前、下段が現像後です。
2016PC112716.jpg
2016PC112716g.jpg
この日は天気が良かったので、WBオートだと晴天(5300K)。
全体的に青みが強かったので、日陰(7500K)にして露出補正を-0.3EVにしてみました。
あまりやりすぎると作為的になりますね。

2016PC112722.jpg
2016PC112722g.jpg
WBオートだと晴天(5300K)。やはり青みが強い。
WBフラッシュ(5500K)、-0.2EVで現像

2016PC112774.jpg
2016PC112774g.jpg
現像前も悪くはないのですが、寒い印象のためWBオートの晴天(5300K)を、曇天(6000K)にして、-0.2EVで現像。
現像後は温かい感じになりましたが、背景まで彩度が上がってしまい、ちょっとウルサイ感じですね…。

2016PC112815.jpg
2016PC112815g.jpg
日陰の中、スポットが当っていた葉を逆光で撮影。
WBオートの晴天(5300K)だとあまりにお寒い。
日陰(7500K)にして青みを和らげました。

2016PC112763.jpg
2016PC112763g.jpg
風に吹かれる紅葉を1/5秒のシャッタースピードで撮影。
WBオート(色温度不明)だと彩度が低くて青みが強い。
日陰(7500K)で鮮やかさアップ、+0.2EVでキラキラ度アップです。

2016PC112844.jpg
2016PC112844g.jpg
撮影時のWBは日陰(7500K)。
色味は悪くありませんが、ノッペリした印象なのでアートフィルターの『ジオラマ』を施し、-0.2EVで陰影を濃くしてみました。

2016PC112877.jpg
2016PC112877g.jpg
池を泳ぐ鳥さん。
日陰(7500K)から、WBフラッシュ(5500K)、+0.1EVで現像。
少し赤みが強いものの、現像前のほうが良いかもしれませんね…。

ここまでRAW現像をしてみて、確かに効果的だと思うのでありますが、いくつかデメリットもありまして――

1.保存容量
今回撮影した枚数は約170枚。
JPEGのみであれば1枚3MBチョットで、合計約480MB。
RAWファイルは1枚14MBほどで、合計約2.3GB。

…容量デカイっすね。
容量が大きいということは、それだけ保存する時間もかかるワケで、バッテリーの消耗も多くなります。
お泊りツーリングのときは予備が必要になりそうです。

2.それなりにマシンパワーが必要
ノートPCでの作業となりますが、設定の変更によるプレビューの更新に1~2秒、現像(書き出し)に14秒ほどかかります。
連続して書き出すとなると、結構待ち時間が発生します。

3.手間が掛かる
ハイ、面倒ですね。
写真を選別する時間はJPEGでもRAWでも同じです。
RAWでは、更に効果を決めて(ここで1~2秒の待ち時間が発生)、JPEGに書き出し(1枚あたり約14秒)が加わります。
その後、リネーム&リサイズ専用ソフトに投げ込みますので、RAW現像している時間が単純に加算されることになります。
現像時にリネーム&リサイズしてしまえば工程は一つ減るものの、RAW現像にかかる時間だけは確実に増えます。
専用ソフトにポイっと投げ込んで済ませてしまう横着者ですので、手間が増えるのはご勘弁でございます。

ということで、効果は認められるが、そこまでしなくてもいいんじゃない? ってな結論に達しましたです、ハイ。

まあ、最初から適切なWBと露出補正を行っていれば、困ることは無いだろうなぁってな感想でございます。
しかし、アンダーに寄り過ぎた写真の救済など、出来ることも多いですから、紅葉だったり桜だったり、季節ものを撮るときは効果が高いので、やってもイイかなぁって感じです。

…ハラ減ってるし、だけど恐ろしく眠いし、もうどうにかなってしまいそうですので、本日の『はじめてのRAW現像』はこれにて。
皆様のサイトにご訪問できなかったときは、

『ああ、寝落ちしたんだな』

と生暖かい目で見守って頂ければ幸いです。

ではでは。
スポンサーサイト



ツーリング | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
| ホーム |