FC2ブログ
Ninja250Rでツーリング メルヘン街道 その1
2012 / 09 / 17 ( Mon )
9月16日、Ninja250Rでツーリング。前回のブログで挙げたルートのうち、今回選択したのはメルヘン街道。
街道の麦草峠は国道では2番目に標高の高い場所とのことで、暑い時期に行くにはちょうど良さそうである。

朝6:30に出発。中央道が渋滞するだろうから少しでも早く、との思惑だったが、高井戸のあたりですでに渋滞。
やっぱりこの日も、行列の出来る高速道路屋であった。
例によって石川PAも混雑。入り口の混雑振りに素通りを決定、次の藤野PAでトイレ休憩を狙います。
小仏トンネル、相模湖を過ぎても渋滞は相変わらずで、上野原を超えないとどうにもならないかな、なんて考えているうちに藤野PAに到着。狭いバイク駐車場も満車状態。少しずらして停車し、トイレ&一服したらすぐに出発。
上野原の辺りでようやく流れ始め、談合坂SAも「空き有り」表示。小腹が空いたので朝食タイムにしようか――でも込んでる。込んでるは飛んで行けぇ!!
ってな具合で談合坂SAはドリンク&トイレ&一服で済ませることに決定。バイク駐車場にはマスツーの方々もおり、休憩や待ち合わせで活用されている。

さて、流れが出てきたことによって速度も通常通り出せるようになったのですが、ここで気になることが。ナビはRM-XR350MCを使っているのですが、クレードルが7,000rpmあたりでビビリ音を発生させる。クレードルにナビを装着すると突然電源が落ちることが頻発するので、この日もクレードルはカラの状態(ナビはタンクバッグに入れて音声案内をメインに使っています)。ビビリ音の発生時にクレードルを触ると音が収まる。
むう、7,000rpmは巡航するのにちょうど良いだけにこれは不快だ。

しばらくは8,000rpmで走行。途中、釈迦堂PAでパン朝食、長野県目指して山梨を横断。
甲府を過ぎた辺りで再びビビリ音が気になり、クレードルに手を触れたとき――割れました。上下に割れて、電極部分でかろうじて繋がっている状態。これはマズイ。
すぐに双葉SAに逃げ込み、応急処置を敢行――って、割れてプラプラした上部をもぎ取り、電極部分をプライヤーでベキベキと折って外し、クラッチワイヤーと一緒に束ねただけです。


さてさて、こんな感じで天候にもトラブルにも恵まれ、ついに長野県に入り、152号から299号(メルヘン街道)に至ります。例によって動画でどうぞ。

[広告 ] VPS

Youtubeでも見られます
…FC2動画は有料会員様じゃないと見られないときがありますからなぁ。

本日はここまでです。次回に続きます。

さてさて、今度の週末はNinja250Rでどこ行こう?
関連記事
スポンサーサイト



ツーリング動画 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<Ninja250Rでツーリング メルヘン街道 その2 | ホーム | Ninja250Rでツーリング? 妄想暴走・徒然と>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://00ninja.blog.fc2.com/tb.php/23-9e9ea041
| ホーム |