FC2ブログ
Ninja250R | ツーリング 静岡県 富士山スカイライン 新五合目 その2
2016 / 07 / 08 ( Fri )
ども。

さて、本日は7月3日の富士山スカイライン 新五合目ツーリングの後半、その2をお送り致します。

20160703002.jpg
霧で漂白された水ヶ塚駐車場でウインドブレイカーを着こみ、新五合目の駐車場へ向かいます。
高地であることから気温が低いと言われておりましたが、各地で猛暑に見舞われたこの日、2000mを登っても寒い思いをしないで済みました。
まあ、暑くも無かったですけどね。

新五合目の駐車場までは片側1車線のワインディング。

水ヶ塚から折れてルートに入った時には視界がクリアになり、気持ちも晴れやかに。
先行する軽自動車と大型バイクの後ろから景色を楽しみながら――と思いきや、軽自動車が進路を譲ってくれました。
アリガトウゴザイマス。

さて、大型のライダーさんの後ろから景色を楽しみながら――と思いきや、大型さんが右手でチョイチョイ。

…マジっすか!?

31馬力しか無い非力な私に先に行けと!?
アンタ、3倍以上のパワーを持っているのに!?
確かに排気音はこちらのほうがデカイですけど、フルエキ装着で回さないといけない上、この酸素の少ない高地ですぞ!?
しかも初めて走る道路なんですぞ!?

…仕方ありません。
元気よく走るつもりはありませんでしたが、せっかくのお申し出をムゲにするワケには参りません。
8,000rpm以上をキープしながら、2~3速でワインディング。

非常に元気よく走らせて頂きました。
途中のヘアピンで何か擦ったなぁと思って駐車場で確認すると、ステップが削れておりました。
バンクセンサーの無い社外品ですが、条件が重なると擦るもんなんですねぇ…。

無事駐車場に到着、とりあえず登山口に向かいます。
2016P7039202.jpg
標高2400m。
13階建ての我が家と同じ高さです。
相棒とともに、最高地点までやってきた証であります。

風がそれなりにあるのですが、陽光が降り注ぐ状況でありますので、まったく寒くありません。
ウインドブレーカーを着ていると暑いほどです。
景色、空、雲、空気が綺麗――というか、空気は薄いっすね、ここ。
何だかんだ言っても高地でございますね。

振り向くと世界遺産様。
2016P7039204.jpg
やはり山頂は拝めず。

レストハウスに向かい、外界を見下ろします。
2016P7039229.jpg
2016P7039230.jpg
2016P7039236.jpg
2016P7039249.jpg
空が広いです。
どこまでも、どこまでも続いています。
普通、空は2kmほどでいったん途切れ、その先は暗黒物質が支配するというのが定説ですが、この日は違ったようです。
恐らく、オゾンホールの回復と円高が関係しているのでしょうね。

しかし、流石は山。
風が強いということは、すなわち雲が流れるということでもあります。
しばらくすると2400mの世界も漂白されてしまいました。
2016P7039272.jpg

しかし、流石は山。
風が強いということは、すなわち雲が流れ続けるということでもあります。
しばらくすると2400mの世界は青色へと戻りました。
2016P7039266.jpg

そんな様子を収めた動画がございます。

[広告 ] VPS

Youtubeでも見られます


レストハウスのテラスから、長い時間をかけて眺め、撮り、堪能したところで帰路につきます。
下りのルートも霧とは無縁でしたが、水ヶ塚に戻る途中で漂白再開。
10m先も怪しい状態で、先行する車を目安に走行。
麓に降りるにつれ視界もクリアになり、暑さも戻ってまいりました。

霧の中を走行中が、一番涼しかったです、ハイ。

帰りは御殿場から東名に入り、渋滞らしい渋滞もなく、非常にスムーズな帰路でございました。
――暑さを除いて。

御殿場からは酷暑でしたね、本当に。
天と地のグリル攻撃はこんがりコース必至でございますよ、まったく。
髪の毛も乾くヒマがない状態で、前世にどんな悪いことをしたのだろうかと訝ってしまったほどです、ハイ。
両面焼きのハムエッグの気持ちを初めて理解致しました。

そんな暑さの中、休憩に寄った鮎沢PAで心温まる――心休まる光景が(これ以上ホットになってはたまりませんがな)。
20160703008.jpg
トイレの入口に東京音頭。
カワイイですね。
とてもカワイイ。

16時前には帰宅完了。
300kmチョットの割りには疲れました。
暑さと暑さと暑さと暑さと暑さとが、疲労の原因なんでしょうね。
もしかしたらカタルーニャの独立問題と関係があるとか、ワイルズが証明したフェルマーの最終定理において、谷山・志村予想が大きな役割を担ったことも関係するのかとか、帰宅直後は考えたものです。

さて、次回は――暑さに負けない機械の身体となるシリツを受けるため、謎の美女メートルとともにアンドレダメ星雲への鉄道旅です。
主将ハーロッ君とエナメルダスも一緒だよ!!

…さて、メシにしよ。
関連記事
スポンサーサイト



ツーリング | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
<<ゼロで割る | ホーム | Ninja250R | ツーリング 静岡県 富士山スカイライン 新五合目 その1>>
コメント
----

heininさん、おはようございます。

お~雲のサンド状態。
水ヶ塚であ~なら、上は駄目じゃね?
っと思って記事を読み進むと青空。

やっぱ、青いの見えると違いますね。

これは次回のネタならパスでいいですが
シリツとか、この辺の変換系の規則が
読めませぬ
by: 三島の苔丸 * 2016/07/09 06:09 * URL [ 編集] | page top↑
----

こんにちわ。

富士山の五合目、本当に涼しそうですね♪
日本の象徴でもある世界遺産さまですが実はまだ一度も
行ったことがありません。日本人として死ぬまでに一度
は行っておかねばw

標高が高いと雲の中を突っ切るとき急に真っ白になって
焦ったことがあります。 自分の横を雲が流れる感覚が
なんだか不思議で・・・涼しくて。

ツバメの雛ちゃんはほんとにカワユイですよね。
この子たちはもう巣立ち間際ですね。

帰宅後の文章は暑さと疲労のせいなのか難し過ぎてよく
わかりませんでした(笑)
ただ言える事はハーロッ君のナイカディア号は劇場版より
TV版のほうがかっちょいいw
謎の美女ウメーテルとの鉄道旅も羨ましいですwww
by: ぴしくる * 2016/07/09 11:24 * URL [ 編集] | page top↑
--三島の苔丸さんへ--

こんばんは、三島の苔丸 さん。いらっしゃいませ。
私もダメだろうと思ったのですが、霧は水ヶ塚の標高辺りに掛かっていただけで、上も下も意外とクリアでした。
運が良かったのでしょうね。
お陰で雲サンド(頂きます)を味わうことができました。

最後の方は酔った挙句のネタです(笑)。
混乱させて申し訳ありませんでした。
by: heinin * 2016/07/09 23:04 * URL [ 編集] | page top↑
--ぴしくるさんへ--

こんばんは、ぴしくるさん。いらっしゃいませ。
予想よりも気温が高かったのですが、やっぱり外界とは違いますね。
空気も薄いし(笑)。
私も登ったことはありませんが、遠目から眺めるだけでもいいものですよね。

帰宅後の文章は、まあ酔っぱらいのタワゴトですのでスルーして頂いて結構でございます、ハイ(笑)。
by: heinin * 2016/07/09 23:09 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://00ninja.blog.fc2.com/tb.php/378-2f723914
| ホーム |