FC2ブログ
静岡県西伊豆町 三方滝
2016 / 11 / 25 ( Fri )
ども。
昨日から今朝にかけて大層冷えましたね。
雪に見舞われたところも多かったようですが、幸いにも自宅~会社のルートは昼前後に「みぞれ混じりの雨」があった程度で、問題なくバイク通勤が可能でした。
昨日の帰宅時の気温は2度とか表示されておりましたが…。

しかし、今朝の冷え込みもなかなかのもので、隣に止めてあるスクーターのシートが凍っておりましたね。
車の窓も真っ白で、暖気をしない(ご近所の「耳」もありますのし)でスタートさせた相棒も、直後にストール致しましたよ、ええ。

さて、本日は11/20の静岡県西伊豆町の滝巡りツーリング その3 三方滝です。


この度のツーリングの目的地であります。

前回、大滝の滝口までご紹介しましたが、
2016PB201893.jpg
渓流を左手に見ながら先へ進みます。

しばらくすると、冠水地帯が待ち受けております。
2016PB201894.jpg

水深は4cmほど。
防水シューズのシンテーゼであれば、つま先立ちで渡渉可能です。
増水時は長靴が必要になると思いますが。

渡りきると、道の様相が一変し、大きめの石が転がる林道になります。
右手には小屋と破棄されたトロッコが。
2016PB201896.jpg
伊豆天城鉱山(関連項目 Wikipedia)と書かれていますね。
興味をそそられた方はGoogle検索 伊豆天城鉱山からお調べ下さい。

右手に沢を見ながら、この「大雨の後は川底なんじゃね?」ってな具合の道を進みます。
2016PB201897.jpg

途中、砂防ダムの場所が少し開けていて、少し秋の風景を楽しむことが出来ました。
2016PB201899.jpg
2016PB201977.jpg

そこから少し歩くと石垣が見えてきます。
2016PB201905.jpg

この石垣を超えた辺りが、これまた少し開けておりまして、チョット逡巡しましたが、右手の渓流を見ると――目印を発見。
2016PB201907.jpg
沢が合流する地点に橋の残骸(ポール)があります。
その奥には橋が見えます。

石を足がかりに沢を超え、橋に到着。
2016PB201908.jpg
それなりに傷んでおりますが通行可能です(でした)。

橋を渡ると分岐です。
2016PB201909.jpg
まっすぐ進みたくなるのが常人の心理ってものですが、滝を目指すには右手の岡を超える必要があります。

丘を越えると滝が現れます。
2016PB201910.jpg
――これも罠です。
近づいても道はありません。
ホイホイと寄って行くのは性ってもんです、ええ。
2016PB201913.jpg

この滝を右手に見ながら岡の上を進むと、沢に降りられる箇所があります。
2016PB201915.jpg

沢に降りたら渡れるところを渡って下さい。
奥に階段が見えますね。
2016PB201916.jpg

階段方向へ進み、先程の滝へと向かいます。
2016PB201919.jpg

この滝、小さいながらも雰囲気は良いです。
2016PB201920.jpg

小さな滝を左折すると三方滝が見えます。
2016PB201923.jpg
が、手前の岩壁が邪魔でよく見えません。

下に降りるため、小さな滝の脇から侵入します。
2016PB201920b.jpg
周囲は道がありませんので、TPOに合わせてお進み下さい。

下りたは良いものの、まだ左側の岩壁が邪魔です。
2016PB201926.jpg

ここで対岸に渡れないかと見回しますが――
2016PB201921.jpg
10mほどのナメる川底に阻まれます。

小さな滝の脇ですら、まるで氷上にいるかのように滑ります。
まるでグリップが効かないのです。
防水シューズのシンテーゼ君でも、この状況下では渡渉は無理ってもんです。

大人しく、移動できる範囲で撮影を行いました。
西伊豆 三方滝
西伊豆 三方滝
西伊豆 三方滝
一部が手前の岸壁で跳ね返る『ヒョングリ』を伴う面白い構造をしています。
対岸に渡れば正面からヒョングリを見ることも出来ますが、これはハネ具合を横から眺めるのが気持ち良いです。


[広告 ] VPS

Youtubeでも見られます


来られる方は、是非とも渡渉可能な装備でお越し下さい。
対岸からは、きっと違った世界が広がっていると思われます。

…チョット残念だったなぁ。

大滝からはだいたい30分以内で来られますので、近くに寄られた方は――って、気軽にオススメできる場所じゃないですな。

さて、三方滝を後にし、帰路につくわけですが、小さな滝の脇にある階段を降ると、前方に階段が見えてきます。
奥には橋もある。
2016PB201969.jpg

橋は沢に降りる前から見えていたものでして、もしかしたら、
2016PB201909.jpg
この分岐を真っすぐ行った先にあるのではないか、ひょっとすると楽に行き来できるルートなのではないかと思い、階段を登ってみることにしました。

登った先は――
2016PB201962.jpg
どうやら鉱山の入り口のようです。

橋に見えたものは――
2016PB201962b.jpg
トロッコのレールに板を渡しただけの代物でございました。

5、6mはある深さのところに渡してありますので、行ってみようという気は起きませんよ、ええ。

ちなみに、分岐をまっすぐ進んだらどうなるのか、確かめた画がコチラ↓
2016PB201973.jpg
建物の奥、右にカーブした先が先程の『橋』です。

と、ルートの確認もでき、それなりに満足致しましたので帰路につくことにしました。
帰りしな、もうチョット整備されていて、カエデやモミジが群生していたら、観光の目玉になっていたかもなぁ、とか考えたり。
2016PB201979.jpg
両脇が紅葉していたら壮観だったのに…。

帰りは全面下りになりますので、40分ほどで駐車スペースに辿り着きました。
時刻は14時過ぎ。

帰りの事を考えると、少しでも早く出発したほうが良いのですが、行きに通り過ぎてしまった三階滝が気になって仕方ありません。ということで、帰路に寄ることに致しました。

――続きはまたの機会に。

ではでは。
関連記事
スポンサーサイト



滝・渓流 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
<<Ninja250R | ツーリング 埼玉県嵐山町 嵐山渓谷 紅葉 | ホーム | 静岡県西伊豆町 大滝>>
コメント
----

こんばんわ~

今回の滝はまるで探検でしたね。
鉱山跡地なんてワクワクするようなちょっと怖いような^^

腰まであるウェーダーが必要かもですね(笑)

前回記事の滝と虹も凄く素敵でした♪
by: ぴしくる * 2016/11/25 21:57 * URL [ 編集] | page top↑
--ぴしくるさんへ--

こんばんは、ぴしくるさん。いらっしゃいませ。
三方滝へは事前の情報収集が欠かせませんでしたね。
調べていながらなお探検気分が味わえました(笑)。

今のところはこれが限界ですねぇ。
これ以上望むなら、ホントにしっかりとした装備が必要になりますね…。

滝の前の虹を見かけるとテンションが上りますね!!
虹を見かけてはしゃいでいた純朴な気持ちを、ほんの少しだけ思い出させてくれる貴重な存在です(笑)。
by: heinin * 2016/11/27 18:53 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://00ninja.blog.fc2.com/tb.php/450-e182cf77
| ホーム |