FC2ブログ
静岡県西伊豆町 三階滝
2016 / 11 / 29 ( Tue )
ども。
前日に、とりあえず今回使う写真の選別を行っておりましたが、気がつかないうちに寝入ってしまいました。
いわゆる『寝落ち』でございますね。
まあ、ほぼ毎日寝落ちしておりますので、特別なことではありませんが、『ねおち』で一発変換の世の中ってどうなんでしょうね。

さて、本日は11/20の静岡県西伊豆町の滝巡りツーリング その4 三階滝です。


前の記事 静岡県西伊豆町 三方滝の最後に触れましたが、行きに通り過ぎてしまったこの三階滝。
県道59号を南下するルートの場合、目印がないのが困りものです。

訪問される方は、上にある地図を拡大して頂くか、『拡大地図を表示』でグリグリと倍率を上げて頂ければ分かりやすいと思います。
GPSロガーの記録と、訪問された方々の記事を照らし合わせておりますので、大きく外れていることは無いと思います。


車2、3台分の駐車スペースと、ガードレールの切れ目が目印ですが、こんな場所、ルート上にいくつもありますがな。細心の注意を払っていないと素通り確実です。
2016PB201995.jpg

反対側からやってきた場合、申し訳程度の看板がありますので、少しは分かりやすいと思います。
2016PB201996b.jpg
全長1600Mと、恐ろしげな数字が目を引きますが、コース全体の長さなのでしょう。
滝だけが目的であれば、ほんの数分、以前訪問された方によれば5分とのこと。

実際は、そんなお手軽チックな予想を超えるものでしたよ、ええ。

ガードレールの切れ目から見ると――
2016PB201997.jpg
ルートがハッキリしません。
一見したところただの斜面で、ところどころ木の階段が残骸として見え隠れしている状態です。

とりあえず一歩を踏み出しますが――これはキテる!!
地面がフカフカで、足元が頼りないことこの上ありません。
ほとんど往来が無いことがうかがい知れます。
それでも、5分という言葉に背中を押され、滝を目指すことにしました。

下ってゆくと、急斜面に行き当たります。
2016PB201998.jpg
2年半前に訪問された方の記事で『分岐に来たら右』とありましたので、それに従います。

しかし、これじゃあ左という選択肢は無いとおもいますよ、ええ。

少し進むと、急斜面がお出ましです。
2016PB202000.jpg
フカフカで足腰には優しいですが、ズザーっとなる可能性があるので精神的に厳しいです。

降りきったところで、来し方を振り返れば――
2016PB202000a.jpg
階段の残骸があるものの、帰りがチョット心配になりました。

そして、前方には倒木が通せんぼ。
2016PB202000b.jpg

この倒木をくぐり、そのまま土手状のルートを進むかに見えますが――

実際の傾斜はご覧の通り。
2016PB202001.jpg
滑るし、崩れるし、とても乗り越えられそうにありません。

倒木の下側を進むことにしました。
2016PB202001b.jpg
あ、奥に滝が見えますね。

※注意
この倒木は腐食が激しく、枝の部分はほぼ樹皮しかありません。
万一、滑ったときに対応できるよう、枝ではなく幹を掴んで移動しましょう。

倒木を越え、チョット進んで振り返ると――
2016PB202002.jpg
果たして、正しいルートを進んだのかどうか、判断に困るところでございます。
とりあえず進めそうな場所を選んだに過ぎませんので。

無事に滝とご対面――
2016PB202004.jpg
と言いたいところですが、

撮影場所に辿り着くにはガレ場を超える必要があります。
2016PB202005.jpg
頭上はオーバーハングした崖になっておりまして、『なるほど、これが崩れたのね』と得心したのであります。

…心中穏やかじゃありませんよ、ええ。

しかし、ここまで来た滝野郎としましては、もう少し近付きたい、上から見るのではなく、せめて滝と同じ高さで正対したい、なぁんて思ってしまうのも性でございます。

滝壺とほぼ同じ高さまで辿り着くには、更にガレガレな岩場を超える必要があります。
2016PB202033.jpg

ひゃっほーい!!
滝だぜぇ~!!!!
2016PB202031.jpg

…バカです。
バカですとも、ええ。


[広告 ] VPS

Youtubeでも見られます


で、帰路ですが――

手探りだった往路とは異なり、多少勝手が分かっておりましたので、ほんの少しだけ楽でした。
しかし、滑りやすいガレ場と、崩れやすい急斜面のお陰で、相棒の元に戻ってきたときには汗塗れで息も上がっておりました…。

大きな看板や案内図がなくて良かったですよ、ホントに。
一番最初に訪れていたら、その後の行動に影響が出た可能性大です。
また、一見さんに興味を抱かせないという点で、これはこれで正解なんじゃなかろうかと思った次第です。

もし、興味を持たれて『よし、行ってみよう』と思われた奇特な方がおられましたら、夏と冬以外の訪問をオススメ致します。
夏は木々や草のせいでルートの判別が難しくなるでしょうし、冬は気温が下がれば色々と困難が増えるでしょうし――。

ということで、チョット長くなりましたが、11/20の静岡県西伊豆町の滝巡りツーリングは今回で終了です。
空腹で1リットルも空けてしまうと、どうにも目の前がクラクラしてしまいますので。

ディナーの準備がございますので、今日のところはこの辺りで。

ではでは。
関連記事
スポンサーサイト



滝・渓流 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
<<ノートPC ProBook 6570b CPU交換 | ホーム | Ninja250R | ツーリング 埼玉県嵐山町 嵐山渓谷 紅葉>>
コメント
----

heininさん、おはようございます。

何すか、このルート。
とても一般向けではないですし
事前情報ないと絶対無理でしょう..

滝なんて、案内板とか名前すらないのが
無数にあると思うのですが、
こういう場所は、そのクラスにしておくべき
かと思うのですが
..無事で何よりですが..
by: 三島の苔丸 * 2016/11/30 05:15 * URL [ 編集] | page top↑
--三島の苔丸さんへ--

こんばんは、三島の苔丸さん。いらっしゃいませ。
短いとはいえ、まったく凄いルートで、全面悪路というのも面食らいました。
前日に調べておいて正解でした。

確かに、この三階滝は案内の看板がない方が良いと思います。
何も知らない方が訪れることは滅多にないのでしょうが、興味本位で行かれても大変ですしねぇ…。

かつては整備されていたのでしょうが、数年もしたら人工物が埋もれてしまい、自然のままになると思います。
そうなる前に、関係者以外立入り禁止か、看板を取っ払った方が良いでしょうねぇ。
滝野郎としてはチョット複雑な心境ですが(笑)。
by: heinin * 2016/11/30 22:24 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://00ninja.blog.fc2.com/tb.php/453-4d58e833
| ホーム |