土偶…道具ですよ、ドウグ
2017 / 03 / 15 ( Wed )

ども。
季節外れの寒気がやってきておりますね。
関東の一部では雪も降ったようで。

…モウ3ガツデスヨ。

さて、先日の日曜日はバイクショップに持ち込んで、スプロケ交換(ついでにオイルも)をしてきたワケですが、予約が取れた時間帯が非常に中途半端でして、前後の時間にツーリングも厳しいってなことで、結局ツーリングには出掛けておりません。

その代わり――

あぁ、本当にどうしてしまったのだろう。
君と過ごすとき、僕はとても心安らぐんだ――。

ハイ、スミマセン。
またもやスルー推奨な感じでございます。

.
.

.


さて、今回は工具についてです。
といっても、スルー推奨だけあってバイクではございません。

ガ・ン・プ・ラ、でございますよ、ええ。

…近頃はすっかりそんな感じの方向ですが、チョット時間が取れなくて作成の進捗は思わしくありません。
ですので、とりあえずは道具のご紹介ということで。

まずはタミヤ三兄弟。
20170312001a.jpg
薄刃ニッパー、ヤスリ、精密ピンセット(ツル首)。
このうち、ヤスリは現在のところ休眠しております(理由は後述)。

メインの工具であるニッパーは、ずっとタミヤ製の1本で頑張ってきました。
プラモ専用と銘打っているだけあって、結構切れ味は良いです。
20170312001b.jpg
普通はこのニッパーのみでも大丈夫かと思われます。

が、やっぱり切り跡たるゲート処理に手間が掛かるということで、遂に手を出してしまいました。
20170312001c.jpg
ゴッドハンド製のアルティメットニッパーでございます。
片刃構造という思い切った仕様で、職人により1本1本仕上げられているとか。

販売サイト

ネットでも評判の『究極』と謳われたニッパーで、お値段もかなりお高い!!
酔っていなければ、ポチるのに躊躇してしまいます。

その刃先はと言いますと――メチャ薄でございます。
20170312001d.jpg

タミヤ製との比較。
20170312001e.jpg
圧倒的じゃないか!?

肝心の切れ味はと言いますと――凄く切れます!!
その切れ方も『パチン』ではなく、『はむっ』とか『ストン』ってな感じでして、切り離した跡が大変綺麗です。

ということで、通常行う二度切り作業のうち、切り離す役目はタミヤを用い、二度目のゲート切り用として究極さんを使用しています。
跡が目立ちにくい白いパーツや、組むと見えない部分など、後処理の手間がだいぶ緩和されました。

しかしながら、切断面を限りなくツライチにするまでには至りませんで(まだ慣れが必要か?)、やっぱり必要になるのがデザインナイフ。

オルファの一般的なものです。
20170312001i.jpg
20170312001j.jpg
刃先が薄くて切れ味も良好ですが、手元が少し狂うとパーツに食い込んでしまい、くぼみが出来てしまいます。
このあたりは慣れと集中力が必要ですね。

で、お次のヤスリがけですが、究極さんのお陰で出番が減りました。
タミヤ製は仕上げに使うには少し荒目でして、完全に使わなくなってしまいました。
代わりに、ホームセンターで見かけた壺竹の精密ヤスリを使用しています。
20170312001f.jpg

実際に青いパーツを削ってみますと――

タミヤ
20170312001g.jpg

壺竹
20170312001h.jpg

壺竹のほうが目が細かいですので、削った粉もより微細ですね。
#1000弱のサンドペーパーのような感じでしょうか。

この後、#2000の耐水ペーパーをかけ、激落ちで表面を整えます。

ここまで書くと、エラく手間をかけていると思われるかもしれませんが、最近のガンプラは切断箇所が出来るだけ表に出ないように工夫しておりますので、実際には目に見える部分しかやっておりません。
こういうところも進化しているのだと実感しますです、ハイ。

そんな感じで作成に関しては、スムーズに進むようになった部分もございますが、そうは問屋が卸さない面もございましてね。

20170312000a.jpg

何だこれは?

…スマイルマーク?
関連記事
スポンサーサイト
その他 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
<<週末の悲劇 2 | ホーム | 赤い彗星ウィークは終了なのです>>
コメント
--heininさん おはようございます。--

このハマりっぷりは、一体何事!? 
 
ガンプラ作り・・・余程楽しいんですねー
そのハマリっぷりを見てしまうと、
迂闊に手を出すと大変な事・・・・
に思えてしまいますよー・・・・・・・・・(^^; 
 
by: 小熊のプルー * 2017/03/16 07:50 * URL [ 編集] | page top↑
--小熊のプルーさんへ--

こんばんは、小熊のプルーさん。いらっしゃいませ。
自分でも驚くほどのハマりっぷりです(笑)。
手先が不器用ですので、中学生以降は関係を絶っていましたが、じっくりと取り組むとそれなりに出来るもんなんですね。
本当に、迂闊に手を出してしまったため、すっかり火傷状態です。

しかし、これは中毒性がありますね。
ひとつ、小熊のプルーさんも如何ですか(笑)。
by: heinin * 2017/03/16 21:58 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://00ninja.blog.fc2.com/tb.php/486-2356daee
| ホーム |