週末の悲劇 2
2017 / 03 / 20 ( Mon )
ども。
この週末にかけて、3連休となった方もいらっしゃると思います。
どこかお出かけしましたか?
出かけるには絶好のコンディションでしたね。

ワタクシはと言えば、久しぶりに2連休ということで、どこかに行こうかと思っておりましたところ、色々と予定がございまして、週末を前にツーリングは断念しておりました。

しかし――

ここで逆接の接続詞を用いるということは、ツーリング断念の否定が続くはずですね。
さぞかし相棒と楽しんだに違いない、と。

ところが――

また逆接がやってきました。
これは一体何を意味するのでしょうか。

いえね、2連休が『半休』となりましてね。
1日目は休日出勤で、しかも会社に泊まることになりまして、2日目の昼過ぎにようやく開放されましたよ、ええ。

全勤にならなかっただけマシ、ってな具合です。
身も心もクタクタでございますな、うははっ。

ということで、今週もツーリングネタはございません。
代わりに――

例によって、スミマセン。
またもやスルー推奨な感じでございます。

2017P3200006.jpg

.
.

.

さて、地道に作業を進めてきたガンプラですが、3体目としてチョイスしたのが初代のガンダム。
しかもRGです。

さて、ここでチョット説明を。
ガンプラにも色々と種類がございまして。

・HG(ハイグレード)
ハイグレードと謳っておりますが、いわゆるスタンダードモデルです。
サイズは1/144。
一番種類が多く、パーツ数も少ないものが多く、手頃なお値段のものが多いです。
先日作成したνガンダムとサザビーは、このHG(HGUC)です。

・RG(リアルグレード)
細部のディテールにまでこだわった、リアル志向のモデルです。
サイズは1/144。
最後発のモデルだけあって、可動域も広く、色分けも細かいです。
その代わりパーツ数が多く、お値段も高めです。
今回作成した初代ガンダムは、このRGです。

…HGやRGといってもお笑いの人ではありませんよ、フォーッ!!

他にもMG(マスターグレード 1/100サイズ)やPG(パーフェクトグレード 1/60サイズ)などがあります。
初代ガンダムで言えば、とりあえず全てのグレードが用意されております。
さすがはロボットアニメのレジェンドでございます。

で、最後発のRG(リアルグレード 1/144サイズ)は、MG(マスターグレード 1/100サイズ)で培われた技術を盛り込み、ダウンサイジングしたものという位置づけです。
MGの1/100に較べて1/144という一回り小さなサイズですので、ひとつひとつのパーツが小さいことになります。

どれくらい小さいかというと――そこで、前回のスマイルマーク? の登場となるワケです。
20170312000a.jpg
これがドコの部位かと申しますと――

20170312000b.jpg
ガンダムのふくらはぎでした。
顔に見えたのは、ふくらはぎに行ったスミ入れでございます。

スミ入れ用のペンと、はみ出た部分を修正する消しゴム。
20170312000c.jpg

…アホか? アホなのか!?
スマイルマーク状の目の部分、ハッキリ言ってタダの点です。
小さいにも程がある!!

実際の作業。
スミ入れペンでインクを流し込み、
20170312000d.jpg

余分な部分を消しゴムで綺麗に消します。
20170312000e.jpg
スミ入れを行った横に小さなくぼみがありますが、当然ここにもスミ入れをします。

結局、作っているよりもスミ入れをしている時間が一番長かったです、ハイ。
ちなみに、途中から消しゴムの使用頻度は減りまして、色々と試した結果、指でこするのが一番早いという結論に至りました。
こすっただけではインクが滲んだりしますので、そういう部分に消しゴムを使用したという感じです。

さらに、シールもオッサンキラーぶりを遺憾なく発揮しておりまして、
2017P3200003.jpg
かつてないサイズでございます。
ピンセットでは上手く貼ることができませんので、デザインナイフの先端にシールの隅をチョットだけ引っ掛け、それをパーツに貼ってゆく方法で切り抜けました。

…完全にオッサンキラーです。

で、とりあえず本体が完成しました。
1枚目の写真は前出のものです。
2017P3200006.jpg
2017P3200014.jpg
2017P3200025.jpg
お台場ガンダム(1/1サイズ)を1/144サイズで見事に再現しています。
ここまでやってくれると凄いとしか言いようがありません。
背面で、膝裏の関節部分が左右で色違いとなっておりますが、左足が付属のシールを貼った状態、右足が塗装した状態です。
シールだとパーツの凹凸が消えてしまい、せっかくのディテールが損なわれてしまいます。
未塗装で、と思っておりましたが、結局塗ったほうが良いとの結論に達しました。

しかし、そんなことも霞んでしまうほど可動域がもの凄いです。
2017P3200034.jpg
アンダースローが出来ます。
他にも、手が凄いことになっていたり、コアファイターが変形して胴体に収まったり、とても1/144とは思えない作りです。
…コアファイターはとりあえず組み立てた状態で、スミ入れもシールも貼っていない状態ですので写真は撮っておりませんです、ハイ。

他にも、ビームライフルやバズーカ、ビームサーベルとシールドが残っております。
これも完成の暁には凄く格好良さそうな感じが致します。

最後に、実物大と同じようなポーズで。
2017P3200042.jpg

…ようやくここまで来た。
あ、あと…ほ、本当に…も、もう少――

疲れが溜まっておりますので、本当にココまでにします。
チョット限界っす。
関連記事
スポンサーサイト
ガンプラ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<RG ガンダムウィーク 最終回 | ホーム | 土偶…道具ですよ、ドウグ>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://00ninja.blog.fc2.com/tb.php/487-e0045b36
| ホーム |