FC2ブログ
千葉県南房総市 増間七滝 | 前蔵引の滝 後蔵引の滝
2017 / 05 / 30 ( Tue )
ども。
本日はタイ記録の日でございます。
これまでひと月の最多更新が19回でありまして、今回の記事でそれに並ぶというワケです。
2013年11月の記録ですが、当時なにを書いたのだろうと確認したところ――細かいカスタムやら電熱グローブやらで、ツーリングの話題は少なかったようです。

当時、まだ滝への興味はそれほど高くなかったのですが、この年の11/24に訪れた福士川渓谷にある滝を撮影して以降、立て続けに滝を訪れているのが確認できました。

う~む、福士川渓谷で一体何があったのだろう。

さて、本日は5/28のツーリングから、千葉県南房総市にある増間七滝(前編)をお送りいたします。
坊滝、やげんの滝、狩人の滝、乙女の滝、乙坊の滝、後蔵引の滝、前蔵引の滝からなる七滝です。

自治体HP


.
.

.

まずは増間ダムへ向かいます。
2017P5280001b.jpg

ちょうどこの辺りで未舗装路に切り替わります。
2017P5280001c.jpg
基本的にフラットダートですので特別な車輌は必要ありません。
しかし、道幅は狭いですので、車のすれ違いは厳しいかと。
ダムの方へ少し戻れば立派な駐車場がありますので、お車の方はご利用下さい。

…ワタシぁそのまま突入しましたが。

少し進んだところにはメインとなる坊滝への看板もあります。
2017P5280011.jpg
南から侵入した場合、坊滝は一番最後に訪れる滝になります。

1.5kmほどで最初の滝、前蔵引の滝に到着。
1番と番号が振られています。
2017P5280012.jpg
この調子で2~7番まで看板があると思うのは、いたって普通のことだと思うのですが、そうは問屋が卸さないのが増間七滝でございます(後述します)。

地元では水垢離の滝とも呼ばれているそうです。
2017P5280014.jpg
ちなみに、この前蔵引の滝の辺りから舗装路へと切り替わります。
舗装路は暫く続きますのでホッとしました。

看板脇には階段も装備。
2017P5280015.jpg
誰でも安心して進むことができます。

すぐに観瀑台が見えてきます。
2017P5280021.jpg
しかし、ほとんど見えません。

でもご安心下さい。
脇に滝へと降りる道があります。
2017P5280022.jpg

前蔵引の滝
前蔵引の滝

こじんまりとした段瀑です。
特筆すべき点はございませんです、ハイ。

観瀑台へ戻ると、一組のご夫婦(多分)と出会います。
聞けば坊滝方面から巡ってきたとか。
私とは逆コースです。

旦那さん曰く、坊滝の次に見つかったのがこの前蔵引の滝で、途中の5滝が見つからず、2~6番どこ行った!? と苦笑しておりました。
それもそのはず、3~6番は案内がありません。
前日にネットで調べたところ、後蔵引の滝、乙坊の滝、乙女の滝、狩人の滝、やげんの滝は川の中を歩く必要があるのは分かっておりまして、中でも乙坊の滝、乙女の滝、狩人の滝、やげんの滝は案内すら無いだろうことは予想しておりました。

とりあえず、観瀑台の脇にある隙間から前蔵引の滝へアクセスできる事を伝え、次なる滝を目指しました。

相棒に跨り、トロトロと登ること暫し、朽ち果てた看板を発見。
2番とあります。
2017P5280046.jpg
看板脇にはトラロープ。
ここを降りる必要があります。
前日に調査済みですので問題ありません。

道路が坂になっているので少し離れた場所に停め、足元をジャブジャブ装備に切り替えます。

ロープを頼りに5mほど下ります。
2017P5280063.jpg
下から見上げた図。
距離は短いとは言え、かなり急ですので雨後は注意が必要です。

降りたところで滝と対面――
2017P5280048.jpg
とは行かず、肝心の後蔵引の滝は見えません。

ジャブジャブしながら奥へ進みます。
条件によって異なりますが、この日の水深は膝くらいまでありました。

後蔵引の滝がお目見え。
後蔵引の滝
後蔵引の滝
水量も乏しく、これまた特筆すべき点はございませんです、ハイ。

前蔵引の滝と併せて動画もどうぞ。

[広告 ] VPS

Youtubeでも見られます


そんな滝であっても撮影に勤しんでおりますと、ふと上方の道路から声が聞こえます。
前蔵引の滝で出会ったご夫婦のようです。

暫く待っていると、旦那さんがロープを伝って降りてきます。
もしかしたら道路脇の相棒が丁度よい目印になったのかも。

『それが滝ですか?』と、ジャブジャブポイントから見える段差を指す。
「いえ、それを越えないとダメですよ」
『え~!? しょうがないなぁ、裸足で行くか?』
「膝まで水がありますよ~」

ジャブジャブしながら場所を交換。
旦那さんが滝を撮影しているのを確認し、上へとロープをたぐります。
道路では奥様が待っておりました。
『このあと全部回るんですか?』
苦笑いの奥様。
「いやぁ、坊滝だけ見て帰りますよ。2番目でコレですからねぇ」
前日の調査で、苦労の割には…と書かれた記事を見ておりましたので、無理して全部まわる必要を感じませんでした。
自治体HPには「川の中を歩く」との記述がありましたが、この調子でいけば「滝を登る必要がある」のではないかと思った次第です。

そんなこんなで途中5滝をすっ飛ばし、7番目の滝、クライマックスとなるべき坊滝へと向かったのであります。
そこでも、やっぱりね、って感じでございました。

続きは次回の後編で。

.

.
関連記事
スポンサーサイト



滝・渓流 | トラックバック(0) | コメント(6) | page top↑
<<千葉県南房総市 増間七滝 | 坊滝 | ホーム | 日曜日のお出かけプレビュー>>
コメント
----

こんばんわ~

これもある意味、秘境の滝ですね^^
ボスキャラの坊滝も楽しみです(笑)
by: ぴしくる * 2017/05/31 01:02 * URL [ 編集] | page top↑
----

heininさん、おはようございます。

5mのロープに、膝までの水..
無茶苦茶
そんなとこに七滝設定するなと
思いますが、最初に見つけた方も
凄いとは思いますが..
by: 三島の苔丸 * 2017/05/31 02:36 * URL [ 編集] | page top↑
--heininさん おはようございます。--

なんか段々探検チックになって来てる。
マニアックな滝だと、
到達するだけでも大変ですね。
バイクのタイヤもオンオフ兼用タイプに変えたほうが・・・・・(^^; 
 
by: 小熊のプルー * 2017/05/31 07:06 * URL [ 編集] | page top↑
--ぴしくるさんへ--

こんばんは、ぴしくるさん。いらっしゃいませ。
プチ秘境感を手軽に体験できる、ナイスな場所でございました(笑)。

ボスキャラとは言い得て妙です(笑)。
登場はもう少しお待ち下さい。

実は、坊滝って千葉県で一番落差が大きいとされているんです。
普段の水量はアレなので注目度は低いですが(笑)。
by: heinin * 2017/06/02 22:13 * URL [ 編集] | page top↑
--三島の苔丸さんへ--

こんばんは、三島の苔丸さん。いらっしゃいませ。
ジャブジャブを必要とするのは確かに観光とは言い難いですが、行ってみると実際には大したことはありませんでした。
しかし言われるように、普通の方にとってはチョット無理矢理な七滝ですよね(笑)。
by: heinin * 2017/06/02 22:18 * URL [ 編集] | page top↑
--小熊のプルーさんへ--

こんばんは、小熊のプルーさん。いらっしゃいませ。
近場で普通に行けるところは訪問してしまったか、わざわざ目的地とするほどのものではないものばかりで、残るは探検チックが必要なところばかりです。
ジャブジャブ装備が加わりましたので、次第にこういったケースが増えてゆくものと思われます(笑)。

オンオフ兼用――盲点でした!!(笑)
by: heinin * 2017/06/02 22:24 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://00ninja.blog.fc2.com/tb.php/522-6421a237
| ホーム |