FC2ブログ
Ninja250R | ツーリング 横浜自然観察の森
2017 / 06 / 12 ( Mon )
ども。
梅雨のシーズン真っ只中でございますが、全然ピンときませんね。
週のなか日は普通に降ってくれて構いませんことよ。

さて、本日は6/4のツーリングから、ヤチョー!!編でございます。
ヤチョー!! と言っても空手とかカンフーとか、ましてや截拳道(ジークンドー)などでは決してありません。
チャック・ノリスの胸毛とかも関係ありませんです、ハイ。

1週間遅れではありますが、物事には順番というものがありますので。

で、先週の日曜日は色々雑用をこなしたあとでしたので、お昼近くの出発となりまして、滝は無理だから近場で済まそうと考えた次第です。
向かった先は、横浜自然観察の森でございます。


位置的にはほとんど鎌倉ですが、首都高を使えば1時間もかからない手頃な場所です。
駐車場はありませんので、隣接する上郷・森の家の駐車場に停めます。
お車の場合、1日最大500円也。
バイクはどうなるんだろうと思っておりましたところ、駐車券の発行機に『バイクは駐車券を発行せずに、横の路肩を通って下さい』とあります。
自転車(無料)と同じ扱いのようです。
非常にリーズナブルでございますね。

※ 駐車券発行機の横にある路肩は結構幅が狭いです。
  サイドバッグ等を取り付けた場合は通れないかもしれませんのでご注意下さい。

容赦なく陽光が降り注ぐ12:30頃から散策スタート。
撮影には厳しいコンディションでございました。

.
.

.

駐車場を後にし、てくてく歩くとすぐに『ウグイスの道』があります。
まだ歌い慣れていない若い声が聞こえて来ます。

が、全然姿がみえません。
凄~く近くから聞こえるのですが、どこにいるのかサッパリです。
声を頼りに捉えようと試みるものの、結局姿は拝めずじまい。

…どうやって見つけるんだ?

こりゃ坊主も有り得るな、と覚悟を決め、とりあえず園内を散策します。

ウグイスの道からミズキの道に入り、何でもいいから見つからないかなぁ、なんて思っていたところ――遂に発見。
2017P6040022.jpg
2017P6040025.jpg
2017P6040042.jpg
コゲラでしょうか?
図鑑を見ると一番近い。
幹に取り付いてほじったりする姿がカワイイです。
しかし、チョット良くないですね、画的には。
もっと良い写真を撮りたいものです。

そのまま後に続く者はなく、敷地の反対側までたどり着いてしまいました。
少し戻ってノギクの広場を目指しますが――
2017P6040071.jpg
やたらと長い上り階段が待ち受けておりました。
滝を目指すより疲れる…。

この間も何度か頭上から歌声が聞こえて来ましたが、枝が重なり合っている隘路では無理です。
あたしには難易度高すぎます。

息も絶え絶えで登り切り、開けた場所――ノギクの広場に到着。
この時期、ただの広場です。

再び木々の間を通る順路に入りますが、見つかったのは
2017P6040088.jpg
誰もいない巣ですとか、
2017P6040115.jpg
2017P6040131.jpg
トリミングしてようやく姿形が分かるくらいの距離にいる鳥たちですとか、駆け出しの鳥野郎には相応しい戦績。
上:ニュウナイスズメ?
下:ハクセキレイ? エナガ?

サッパリ分かりません。

ドラキーに攻撃が避けられて苦戦する最序盤の主人公みたいなもんですから、ハイ。

また、鳥だけ全然ピントが合わなかったり――
2017P6040098.jpg

うーむ、虫はバッチリなのになぁ。
2017P6040057.jpg
2017P6040066.jpg
2017P6040066b.jpg

何か撮らないと寂しいので身近なものを撮ってみたり――
2017P6040180.jpg

2時間半ほど歩き回って戦果が思わしくありませんし、いい加減疲れて来ましたので帰ることにしました。
前回のオオルリのようなラッキーはなかなか訪れないものですね、ええ。

しかし、トボトボと帰路に着き、スタート地点付近のウグイスの道に差し掛かったとき、ラッキー・チャンスが訪れます。
非常に近い距離で鳴き声がします。
しかも、比較的開けた場所です。
これは最後のチャンスかも!?

慎重に周囲を歩いて声の主を探します――いた!!
2017P6040208.jpg
2017P6040207.jpg
少なくとも20cmはありそうな鳥でありました。
特徴のあるアイリングや色からすぐに判明するだろうと、家に帰って図鑑を眺めますが――載ってない?
ネットで色や大きさから調べてみると、どうやら外来種のガビチョウのようです。
なるほど、私の図鑑には外来種は未掲載でした。

ということで、最後の最後に大写しができ、一応は満足して帰宅できました。
が、尾っぽまで写っている写真がほとんどありませんでした。
撮影時には夢中で気が付かなかった――というよりは、そんな精神的余裕はありませんでしたね。
このあたりも今後の課題です。

さて、これにて先週の模様は終了です。
次回は――当然ながら昨日の訪問先になるワケであります。

キーワードは、リベンジ、です。

では、次回の記事でお会いしましょう。
サヨナラ、サヨナラ――サヨナラ。
関連記事
スポンサーサイト



ツーリング | トラックバック(0) | コメント(8) | page top↑
<<棒状のサムシング | ホーム | HGUC 1/144 MS-07B3 グフカスタム>>
コメント
----

heininさん、おはようございます。

あ~狙って行って撮らせてもらえないと
凹みますよね~
私はそれで最初の頃、行きたくなくなりました..
期待するのは精神衛生上よろしくなさそうなので、
心を入れ替えました。

ウグイスなんて、声を聞く確率に対して
撮らせてもらえる確率は..もう何年も姿観てません。
白セキレイ、エナガと書かれてる子は
エナガでよろしいかと。

そうそうガビチョウ、私は最初に見つけた時は~
わ~図鑑にも載ってない珍しい鳥見れた~
っと思ったものです..
by: 三島の苔丸 * 2017/06/13 03:26 * URL [ 編集] | page top↑
--heininさん おはようございます。--

バイクの駐車料金無料が良いですね~ 
マナー良く使おうって気になりますよ!
 
鳥の写真も難しそうですね。
動物写真は、
飼い犬や飼い猫ですら難しいもんで、
野生となると、難易度急上昇でしょうね!
そこもハマると深そうですね・・・・・・・・・・・・・(^^; 
 
by: 小熊のプルー * 2017/06/13 07:12 * URL [ 編集] | page top↑
--こんにちは--

鳥の撮影写真と図鑑を交互に睨みながら種類を判別している様子は、想像すると少しシュールですね(笑)
しかし、そういった積み重ねこそ本物の鳥野郎への道でしょうし、とても楽しそうに思えます。
by: 黒忍250R * 2017/06/13 16:48 * URL [ 編集] | page top↑
----

こんばんわ~

今回はコゲラやエナガなど可愛らしい鳥に出会えましたね。

僕が野鳥を撮り始めたきっかけはエナガとの出会いからでした。
偶然撮れた奇跡の一枚がもう可愛くて可愛くて♪
なので今でもエナガが一番好きな鳥なんですよ。

スズメの格好も笑えて最高です。

そして最後のガビチョウは完璧に捕らえましたね。
目にピントを合わすと尻尾がはみ出してしまうことは僕もよくやりますw
なので止まり物はMFで撮ることが多いです。
by: ぴしくる * 2017/06/13 20:40 * URL [ 編集] | page top↑
--三島の苔丸さんへ--

こんばんは、三島の苔丸さん。いらっしゃいませ。
撮ろうと思って姿が見えないと本当に凹みますよねぇ…。
やっぱり気持ちの切り替えが重要ですね。

ウグイス、本当にどこにいるのか分かりません!!
鳴き声が至近に聞こえるだけに悔しくて仕方ありません(笑)。
私も長い修行期間が必要になりそうです…

やっぱりエナガでしたか。
本当は真横とか正面気味に撮りたいのですが、全然チャンスがありませんでした。
他の方の写真や図鑑で見ると、ずんぐりして本当に可愛らしいだけに、ただひたすら口惜しいです(笑)。

ガビチョウを撮れたのは、もしかしたら凄くラッキーだったのですね。
見かけたときはそんなこと露とは思わず、結構ありがちな鳥だと思っていました。
鳥の世界は奥が深いですね~!!
by: heinin * 2017/06/13 23:13 * URL [ 編集] | page top↑
--小熊のプルーさんへ--

こんばんは、小熊のプルーさん。いらっしゃいませ。
やっぱり無料はイイですよね!!
お台場のGを見に行ったときもそうでしたが、やっぱりタダだとマナー良くなりますよね(笑)。

鳥は思っていたよりも難しいですね~。
まず見つからないし、見つけても逆光だったり葉や枝に隠れてしまったり、場所を頻繁に変えてしまったり、まったく思い通りになりません。
普段動かないものばかり撮っているせいか、動きのあるものは修行が必要なようです。
それだけに、ハマる要素も高そうです(笑)。
by: heinin * 2017/06/13 23:20 * URL [ 編集] | page top↑
--黒忍250Rさんへ--

こんばんは、黒忍250Rさん。いらっしゃいませ。
本当にシュールですよ!!
この目で見て、撮ったものが図鑑で見ても分からないのですから。
背中が黒くて、頬のあたりが白いから何々だとか、クチバシの色がこうだから云々など、素人には分からない世界です。
欧米人が東アジア人の区別がつかない気持ちも分かるというものです(笑)。

本物の鳥野郎になれるかどうかは今後の修行次第でしょうが、本人はそれなりに楽しいようですよ(笑)。
by: heinin * 2017/06/13 23:25 * URL [ 編集] | page top↑
--ぴしくるさんへ--

こんばんは、ぴしくるさん。いらっしゃいませ。
コゲラは可愛かったですねぇ。
エナガは――ぴしくるさんの写真で見ると本当に可愛らしいのに、どうしてこういう画しか撮れないのか、かなり残念ですね。
ぷっくりと可愛い姿を絶対に撮ってやるぞ~と思わせる、そんな鳥ですね、本当に。
あー、悔しい!!(笑)

スズメさんは群れで戯れていたのを見かけましたので撮ってみました。
ハラを地面に擦り付けてバタバタしたり、チョコチョコ歩きまわったり、普段から見慣れているはずの身近な存在であっても被写体として捉えると違うものですね。
奥が深いです。

アングルは、もう少し冷静になって撮れるようになってからでしょうか。
今のままではそこまで気が回りません(笑)。
いつかぴしくるさんのようにスゴイ物を撮ってみたいですねぇ~。
by: heinin * 2017/06/13 23:34 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://00ninja.blog.fc2.com/tb.php/526-d86d1267
| ホーム |